脱サラに失敗する人は9割!?後悔しないための脱サラ起業の知恵

くろかさです。

 

これを読んでくれているあなたは、

おそらく「脱サラ」ということをかなり

真剣に考えようとしている方ではないかと思います。

 

しかし、脱サラの現実はそう甘くはない模様・・・

 

脱サラして失敗・後悔する人々

今でこそだんだん希望者が増えてきた脱サラ。

 

しかし、その一方で、

「脱サラして後悔した」という人がいます。

 

いくつか例を挙げてみますと、

 

ヒトの下につくのが嫌で飲食店を立ち上げたが、

今が不景気なのもあってどんどんお客が減ってしまい、

最終的にはお店を閉めてサラリーマンに戻った・・・

 

起業したものの、労働時間はサラリーマンの方がまし、

収入もあまりない状態だったので廃業した・・・

 

こんな声も聞かれます。

 

さらに別の意見では、

 

仕事が与えられないぶん、

自分でやることを決める必要があり、

だらけないよう工夫しないといけない

 

脱サラしてから起業すると、

焦ってストレスを抱えてしまい、

失敗に繋がってしまった・・・

 

仕事がないのが苦痛で、

脱サラしてもやりたいことが分からない

 

などなど、精神面での不安や、目標喪失から

脱サラ失敗や、後悔に繋がった人もいます。

 

やはり、脱サラというのは、サラリーマンとは

また違った苦労や難しさがあるのは間違いありません。

 

ですので今回は、

  • 脱サラで失敗してしまう原因(安全な方法もある)
  • 脱サラして後悔してしまう人の傾向と例
  • 脱サラすべき人、すべきでない人

 

それを解説していきたいと思います。

 

脱サラの方法は、実質「起業」しかない?

脱サラの目的に関しては、後で説明しますがおそらく

「人それぞれ」であり、一概には言えないと思います。

 

しかし、多分この記事に辿り着いたあなたは

 

「脱サラのために、十分な収入を安全・安定的に得る方法を知りたい」

 

ということをメインに考えていると思います。

 

だから、脱サラに失敗したら下手をすると

 

「生きていくための収入を失うかもしれない」

 

リスクと隣り合わせです。

 

当たり前ですが、前提として考えて欲しいのが、

「脱サラしたら、どうなるか」ということ。

 

まず、会社を辞めたら給料がなくなります。

 

すなわち、今後自分が生きていったり、

趣味や娯楽に必要なお金も今後「全部」

自力で稼がなければならないですよね?

 

そうなると、アルバイトでは絶対足りず、

小遣い稼ぎ程度の副業なんかではぶっちゃけ

「話にすら」なりません。

 

まさか、親や他人、あるいは生活保護によって

「ヒモ」になって生活したい、またはそれが可能

だという環境にある人は、多分少ないと思います。

 

生活保護の受給条件はどんどん厳しくなり、

額も減らされる方針だというニュースがありますし、

ヒモ生活にしても、親や家族があなたを養っていける

時間とお金が無制限だという人は多分存在しないはず。

 

だから、脱サラするのであれば最終的に「起業」を

「必然的に」視野に入れざるを得ないわけです。

 

では、現実的に私達が「脱サラ起業」ということを

やっていけるのか?という話に入っていこうと思います。

 

脱サラ起業は難しいのか?本音を語ります

「起業」という言葉は、

日本の社会人の多くにとっておそらく

馴染みのないものではないでしょうか。

 

  • 起業とか、すごくお金かかりそう
  • なんかすごく行動力と才能がある人がやるイメージしかない
  • 失敗したら破産だし、そんなリスクのある事できない

 

きっと、私達日本人の大半はこう考え、

「起業」に見向きもしないのが現実でしょう。

 

しかし、私たちは悲しいほどに起業について

“まともな教育”をされないまま大人になるので、

起業について誤ったイメージを持つ人が大半です。

 

実際のところはと言いますと、

起業というのは言うほど難しくはありません。

⇒起業にあたる事業届は超簡単で無料。

 

「起業」の捉え方次第では、

「こんな安全な起業なんてあったの?」

と意外に思われる方もいると思います^^;

 

起業=リアル起業に限定している人が多い

「起業」と言われて私達がまず思い浮かべるのが

リアルで会社やお店を開くこと“であることでしょう。

 

「リスクを取ってでも起業したかった!」

「夢を追うためなら大博打に出るぞ!」

「都会の喧騒を捨てて田舎で暮らす!」

 

そんなエネルギッシュな人が

資金やスキルを十分に蓄積しないと、

難しいものと考えている方が多いはず。

 

しかし、リアル起業はそんな行動力や才能に

溢れた人たちも容赦なく淘汰していきますし、

「難しい」どころか「クソ難しい」のです。

 

なんでも、脱サラ起業後、会社が10年続いている率は

ある統計によるとたったの「6~7%」ほどしかないんだとか・・・

 

これが正確だとすれば、

脱サラを図る人の100人のうち90人以上は

「10年後に倒産」するということになります。

 

また、いくら会社が残っていたからといって、

十分にあなたの収入になっているかは別問題です。

 

会社は常に火の車で、あなたの手取り年収はたった200万くらい、

しかも朝から夜まで働きづめ・・・これでは脱サラ起業した意味がないです^^;

 

こういうことを言うと、多くの方はこう考えるはず。

 

「脱サラって、めちゃくちゃ難しいんじゃないのか・・・」

「9割が起業失敗して倒産するなんて、リスキーすぎる!」

 

確かに、脱サラは「余裕」だとは言いませんし、

それなりに大変なこともあるのが現実です。

 

 

・・・しかし、多くの人は「脱サラ起業」について

誤解してしまっている場合がとても多いように思います。

 

ここで気を付けないといけないのが、

脱サラ起業するからといって、

 

  • お店を作る
  • 仲間と会社を立ち上げる
  • 田舎で土地と設備を用意して農業を始める

 

といったような”リアル起業”ばかりを

イメージしてはいけないということです。

 

そもそも、脱サラ起業といっても形態はピンキリであり、

資格がいるものといらないもの、大金を使ってリアル起業

するようなものや、ほぼ費用なしでできるものなど様々です。

 

ネットビジネスのような安価でできる起業もある

たとえば、ネットでフリーに活動し、

記事の外注作業をやるというのも事業ですし、

アフィリエイトやyoutubeで収益を出すのも

立派な「事業」として処理できてしまいます。

 

特に、こういう「ネットビジネス」では

ほぼリスクも費用も掛からないですし、

破産のリスクはまずありえないのです。

 

こういうネットビジネスも、

これを本業としてやっていくなら屋号を取って

「会社」としてやっていくこともできますし、

こうなると完全に「起業」なわけですよ。

 

私も屋号を取って会社を作りましたが、

社長=従業員=私一人という規模です。

 

仕入れ費用も、業者委託も、ややこしい設備管理費も、

従業員の給与に充てる費用も、一切かかりません。

 

かかるのは、私の生活費と作業に必要な環境くらい。

 

一般家庭と変わらない支出内容ですが、

こんなんでも、立派に「起業」できるのです。

 

そして、私はこのネットでの収入だけで

大きく稼いで生計を立てているのです。

 

リアルで会社やお店を作るならこうはいきません。

 

資本金や準備金が数百万から数千万円は必要ですし、

このお金を作るのに借金をする人もいるくらい大きな負担です。

 

また、起業してからも人件費や設備費、お店なら仕入れなどの

出費は必ずつきもので、事業がうまくいかなければ大赤字。

 

起業しても、下手をすれば出ていくお金のほうが上回ることになります。

 

それを埋めるために、“起業後に借金をする”

という羽目になる人もいるでしょう。

 

借金が返せるくらい事業が軌道に乗れば良いですが、

そうなる前に潰れる企業も多いことは周知の事実。

 

ただ、世間で言われている「6~7%」が、

ネットビジネスをやる個人レベルの会社まで

含めて統計しているかは、分かりません。

 

むろん、

ネットビジネスもちゃんと稼ぐ人は1割もいないと言われるので

この数字は何となく「ある意味当たっている」ようにも思います。

 

しかし、

「脱サラ起業成功は6~7%=残り90%が事業失敗で破産する」

というわけでは必ずしもないことは心に留めておきましょう。

 

脱サラ起業:何をもって「失敗」とするのか。

また、「リアル起業」にこだわらなければ、

「何をもって起業失敗なのか」という考えも

少し変わってきてしまいます。

 

リアル起業で「失敗」となれば、

お店や会社が赤字で立ち行かなくなり、

破産してしまうという危険がつきまといます。

 

当たり前ですが、一度破産してしまえば

「再挑戦」のためのハードルというのは

限りなく高くなってしまいます。

 

もう一度ゼロ、もしくはマイナスの状態から再度

資金を集め、または人を集め、再起しないといけません。

 

ただ、

一度破産していたりすると銀行はお金を出し渋りますし、

そもそも再度起業するまでに何年かかるか分かりません。

 

つまり、

一度のリアル起業失敗=死

 

・・・とまではいかなくても、

かなりしんどいのは事実ですね。

 

ところが、ネットで起業するだけならこういう

危険は全くと言っていいほど存在しません。

 

もちろん、

高額な塾やコンサルに凄まじい大金を

ボコスカ投じていなければの話ですが、

基本的にネットビジネスというのは

 

  • 「ネット環境」
  • 「サーバーやドメインの維持費」
  • 「その他ツール購入やコンサルを受ける費用」

 

最大でもこれだけで済んでしまうため、

ぶっちゃけ、日常生活の延長線上です。

⇒ネット起業にかかる費用の参考

 

これなら、別に借金や収支を気にする必要は

ほとんどありませんし、失敗=破産に繋がる

危険性はありませんね。

 

“失敗”し放題な脱サラ起業とは?

さらに極端に言えば、

「ネットビジネス」のような形態で起業するなら

「失敗し放題」という特権があると言えます。

 

なぜなら、ネットビジネスはさっきも言ったように

「ほぼコストがかからず、かかっても日常生活の延長レベル」

だけで実践が出来てしまいます。

 

つまり、たとえ上手く行かず、

「なかなか稼げない」ことがあっても、

「稼げるまで試行錯誤と改善を繰り返せる」わけです。

 

だから、ぶっちゃけネットで脱サラ起業すれば

「失敗」し放題だし、もっと言えば「失敗」という

概念すら当てはまるかどうかわかりません^^;

 

「上手く行くまで」継続すればいいわけですから。

 

もちろん、リアル起業ではそうそう

「失敗」を繰り返せるわけではありません。

 

お金が尽きればその時点で「終了」ですし、

ある商品が失敗すれば、大企業といえども

大きな赤字を出してしまうことがあります。

 

まして、立ち上げたばかりの小さなベンチャーが

「最初の事業で失敗しました」などと言ったら

それがそのまま「致命傷」になりかねません。

 

このように、冒頭で上げた例でもそうでしたが

「採算」や「コスト」の問題は、脱サラ起業の

成功・失敗にもろに関わってくる要素です。

 

ただ、いくら費用ががからないネットビジネスでも、

継続できずに「やめてしまう」人は大勢います。

 

ネットビジネスなどで脱サラ起業する場合は、

継続する限り明確な「失敗」の区切りはありません。

 

しかし、「あきらめてしまえば」それは失敗ということです。

 

そして、ネットビジネスもリアル起業も、

ちゃんと稼げる人はいずれも1割に満たないのですから、

脱サラ起業が失敗する原因はなにも「お金の問題」だけ

ではないということには留意する必要がありますね。

 

脱サラ起業 “お金の問題” 以外が理由で失敗する原因と対策

先程冒頭でも挙げたのですが、

 

  • 「コストの低いネット上のフリーランスなどで事業を立ち上げた」
  • 「しかし、お金以外の面で、脱サラの意味が感じられない事情があった」

 

というケースで、脱サラが失敗に終わったケースもあります。

 

どうしてこういうことになるのか考えてみましょう。

 

脱サラして何がしたいのかを考えるべき!

脱サラが、お金の面以外で失敗して

後悔する原因として挙げられるのは

たとえば、時間面の問題があると思います。

 

今脱サラしたい人は、

「ただ人の下につくのが嫌」という理由でもない限り、

時間面で自由が欲しいから脱サラする“人も多いはず。

 

いくら事業が上手く行っていたところで、

サラリーマン時代は定時+1時間くらいで帰れていたのに、

脱サラ開業してから定時+3時間働いていたらどうか。

 

気の利いたあなたはこう考えたのではないでしょうか。

 

「起業して、結局時間もないなら、サラリーマンやってる方がマシでは?」

 

まさにその通りで、リアル起業を選べない人が

多いのは結局この問題があるからではないでしょうか?

 

そうなれば、はっきり言って脱サラの意味がないですね^^;

 

また、脱サラしたは良いけど、

 

「何がしたいのか分からない」

「自由過ぎて逆に何もできない」

 

こういう人も多いようですね。

 

たとえば、私は会社勤めしながらでは

できないような趣味がたくさんあって、

それをやることが脱サラする前も後も、

モチベーションになっています。

 

しかし、仕事一筋でやってきていて、

仕事を辞めた後特に何もすることがない場合、

辞めた途端「退屈」を持て余すこともあります。

 

いくらお金も時間も手にしても、

やりたいことがないなら、当然ですが

脱サラのメリットは限りなく薄いです。

 

さらに、脱サラ起業することで失うもの。

 

それは「自分のケツを叩いてくれる存在」です。

 

会社員なら、自分の仕事ぶりを見ている

上司がいて、同僚がいて、部下がいます。

 

彼らを意識して「頑張らなきゃ」と思うことで

モチベーションが維持できることもあるし、

頑張らなきゃ怒られる場合もありますよね^^;

 

ところが、特に個人のネットビジネスやお店がそうなのですが、

「あなたの仕事ぶりを管理」してくれる人は誰もいません。

 

自分で自分を律し、自己責任で継続する必要があります。

 

以上、お金以外の面で脱サラして後悔するのは

 

  • 会社勤めよりむしろ自由時間がなくなってしまう
  • そもそも脱サラして何がしたいか明白ではない
  • 目標管理や行動が一人では継続できない

 

こういう人が多いように思います。

 

一番大事なのは「脱サラの目的」を基準に妥協点を見つけること!

色々語ってきましたが、

特に私が一番重要だと思うのは、

 

「あなたが脱サラして、何をしたいか」

 

という部分だと思っています。

 

なぜなら、たとえば

 

「とにかく人の下につきたくないし、社長になってみたい!」

 

という人と、

 

「脱サラして世界を旅したい!」

 

という人では、目指すべきものが全く違うからです。

 

前者であれば、

ただ「人の下につかなくていい」という条件なら

十分満足できるのですから、時間がなくてもいいし、

リスクのあるリアル起業も納得できるかもしれません。

 

「とにかくラーメンが作りたくて、独立開業した」

というような人も同様ですね。

 

しかし、後者の場合、ただ脱サラできればいいわけではなく、

「世界旅行をする時間」がないと全く脱サラの意味を成しません。

 

なので、「時間的自由が取れる形態」の起業でないとダメ

という条件がどうしてもついてくるわけです。

 

いずれにせよ大事なのは、

「脱サラしてどうするのか?」

という基準をあなたなりにしっかり持つこと。

 

これをすっぽ抜かしては、脱サラしても後悔するだけです。

 

脱サラで失敗・後悔しないためのチェックシート

以上を踏まえて、私なりに

 

 

「脱サラを目指すべき人」

「脱サラを目指すべきでない人」

 

というチェックシートを考えてみました。

 

脱サラすべき人

  • 脱サラしてやりたいことがあり、今の会社ではそれができない
  • そもそも会社勤めが向いていないorやりたくない明確な理由がある

 

いわば、脱サラしたい明確な動機があって、会社勤めのままでは

「自分のやりたいことは絶対できない」とほぼ確定している場合。

 

微妙なライン、または脱サラすべきでない人

  • 何となく今の仕事が楽しくないだけの人
  • 脱サラした後、やりたいことがない、目標がない
  • 「今の会社で」働くことが苦しいと感じる人

 

つまり、脱サラする明確な動機がなく、

何となく今の会社が「辛くはないけど面白くない」

という軽い気持ちで脱サラを考えてはいけないということ。

 

また、「今の職場がダメなだけ」という場合も微妙なライン。

 

職場を変えれば変化が訪れることもあるし、

脱サラよりむしろいい結果になる場合もあります。

 

今の会社が辛いだけというのでは、

 

「じゃあ転職したらどうなの?」

 

という話になりますし、この質問に

返答できないのであれば安易に脱サラ

すればいいというものでもありません。

 

「面接なんて二度とやりたくないし、苦手」

「再就職とかぶっちゃけ年齢的に無理」

「再就職しても今の状況からは絶対抜け出せない」

 

そういう事情があれば初めて脱サラ起業も視野に入れていいです。

 

もちろん、さっき言ったように、動機もないのに

何となく脱サラしようというのはおすすめできません。

 

また、これらに加えて、

  • お金が欲しいのか、時間が欲しいのか
  • 独立した結果として自由が欲しいのか、開業そのものに意味があるのか
  • リスクを取ってでも起業したいのか、リスクは取りたくないのか

 

こういうポイントにも是非留意の上、

脱サラ起業をするべきかどうか、

どんな形態で脱サラ起業するのか、

失敗しないように決めましょう。

 

また、私は脱サラ起業には一応「成功」しましたが、

私が脱サラ起業をした理由というのは以下の通り。

 

  • 仕事そのものが向いておらず、転職も考えていた
  • しかし、創作活動や一人旅など、のんびりした趣味を楽しむ時間が欲しい
  • そのため、会社勤めと理想のライフスタイルがどうやっても合わないことに気付いた
  • 加えて、働いていた会社がアレだったので精神的に追い詰められていた

 

まあ、今思い返せばかなり深刻な理由から

自分は脱サラ起業を選んだのだと思いますね^^;

 

ある意味、これくらいの強い動機があったから、

脱サラに成功できたのかもしれませんね。

 

厳密に言えば「成功するまで継続できた」ですね。

 

私は、お金以前に時間の問題から、

リアル起業という選択肢は頭にありませんでした。

 

自分が経営者になるか、社員となるかの違いだけで、

労働時間が減らないなら脱サラ起業する意味がないです。

 

なので、コストもかからず、時間的な余裕がたっぷりある

「ネット起業」による脱サラを選ぶことにしました。

 

ただ、ネット起業についてはコストも時間的余裕も

ノウハウによってピンキリなので、以下の記事も参考にどうぞ。

⇒ネットビジネスの種類と私の脱サラ手順

 

脱サラで失敗・後悔しないための心構え

でもやっぱり、

脱サラ起業で失敗・後悔しないために

大事なのはノウハウももちろんですが

 

「絶対脱サラして、自由になってやる!」

 

といったような目標・マインドだと思います。

 

以下の記事では、私の考え方やビジネスの

姿勢について参考になると思われる記事を

ピックアップしましたので、是非こちらも。

●「ネットビジネスが楽」の意味をはき違えている人が多すぎる!

●最後に勝つのはいい意味での「マイペース」人間だけ

●アフィリエイト「後発組」から這い上がるために私がやったこととは?

●「自己投資すべき!」という考え方への私の意見と「ケチ」なりの成功方法

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございます!

 

今から脱サラを考えている、

だけど失敗したり、後悔したりしたくない・・・

そういう方々のお役に立てれば幸いです^^

 

限定PR:無料で学べる次世代起業入門キャンペーン

もっと詳しくお聞きしたいこと、

疑問点や興味などがありましたら

いつでもご相談くださいね^^

 

⇒くろかさに連絡してみる

 

くろかさ公式メルマガ

 

このメルマガでは「PC一台」

「特にスキルや経験もない普通の新卒サラリーマン」が、

「わずか半年ほどで脱サラを達成し」

「金銭的・精神的・肉体的自由を手にした」

その過程と方法を赤裸々にぶっちゃけていこうと思います。

 

普段のブログでは言わない「エグイ」情報も、

このメルマガではどんどんぶっちゃけたいと思います。

 

本気で「賃金労働や不景気に翻弄されない生き方」を

手にしたいという方は「是非」登録することをおすすめします。

 

もちろん

「完全無料」

「いつでも解除可能」

「スパム行為はしない」

これらを守り、良質な情報を発信することを約束します。

 

「脱サラとかできるならしたいけど、自分には無理でしょ・・・」

「特別な才能を持った人間だけができることなんでしょ?」

そんな思い違いは、この無料メルマガで全部「一掃」します。

 

さらに「メルマガ読者限定」で、

「有料商材級」「濃い情報」を詰め込んだ

「スペシャル特典」をお渡しさせていただきたいと思います。

 

☆メルマガ特典紹介☆

全三巻PDFファイル

1巻(78ページ)

2巻(63ページ)

3巻(70ページ)

合計211ページ

【第1巻】「精神・金銭・肉体」すべての自由を手に入れたいあなたへ

・私は「何を」して自由になったのか?

・自由になるための戦略の全体像

・あなたは「いくら」稼ぐ必要があるのか

・金銭的リスクなくお金を稼ぐ方法とは。

・「やっても稼げない9割の人」が誤解していること

 

【第2巻】絶句必至!?お金儲け情報の「怖い裏事情」を徹底暴露

・生きることは「情報戦」

・「情報弱者」と「デマ」

・稼ぐ「本質」に近付く「第一歩」とは

・情報弱者から搾取するネットのオファーの「驚愕の手口」

・ビジネス勧誘で使われる「甘い言葉」と「現実」のギャップ

・お金儲け系詐欺の実態

・雑談:搾取の仕組みと脱出方法

 

【第3巻】ライバルを精神・知識で抜き去る必勝マインド&設計図伝授

・私が個人でお金を稼ぐ方法論とは

・あなたも今すぐ取り組める?ネットを使ったお金儲けの実践モデル

・マインド編:「稼げる人」になるために心得て欲しいこと

・上手くいかない人が100%勘違いしていること

 

以上を読んでいただき、

「自由を手にするための方法」

「自由になるためにあなたが考えるべきこと」

徹底的に学んでみてください。

 

それでは、ご登録をお待ちしております。

*メールアドレス
お名前(ニックネーム可任意)

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ