仮想通貨とは?わかりやすく解説!原始人も5分で理解できるビットコインの仕組み

※今回の記事は「ビットコインとは何ですか?」

という疑問を持つ方にも役立つ記事です。

 

くろかさです。

 

今、「ビットコインが120万突破した!」とか、

しきりに耳にする方も多いんじゃないでしょうか?

 

ビットコインとはいわゆる「仮想通貨」です。

 

今年の下半期は「仮想通貨バブル」と言ってもいいでしょう。

 

仮想通貨といえば、

ビットコイン以外にもイーサリアムだとか

リップルコインだとかいろいろありますが、

要はドルとユーロと円みたいなもので、

どれも同じく「仮想通貨」の一種です。

 

特に、「仮想通貨とは」と問われれば真っ先に

例として挙がるであろう「ビットコイン」が、

ここ最近で大幅な値上がりを見せています。

 

それに伴い、仮想通貨に興味を持つ人も増加しているのですが、

 

「仮想通貨ってそもそも何?」

「仮想通貨始めたいけど初心者です!」

「仮想通貨って、わかりやすくいうと何なのよ?」

 

・・・という疑問を持つ初心者の方も多いでしょう。

 

そういうわけで、

今回は一応ネットビジネス関連ということで

「仮想通貨とは」という話題について初心者に

わかりやすく、詳しく解説してみたいと思います。

 

お金とは何か?ビットコインとは何か?

という疑問を持つ方にも、基礎から解説

しているので是非読んでみてくださいね!

 

※最後にもリンクを貼っていますが、

ビットコイン等の仮想通貨に興味を持っている方は、

必ず以下の記事も読んで、仮想通貨の「リスク」を

きちんと把握しておいてください。(別窓で開きます)

⇒【仮想通貨をやる前に】ビットコイン投資のリスクと危険性とは?

 

仮想通貨とは?わかりやすく仕組みを解説!

仮想通貨とは

仮想通貨とは「政府や権力による裏付けのない野良の通貨」

仮想通貨とは、暗号通貨とも呼ばれます。

 

今話題のビットコインやらリップルコインも

「仮想通貨」「暗号通貨」の一種といえます。

 

で、「仮想通貨」を一番簡単に、

わかりやすく、初心者に説明すると、

 

「政府や公権力による裏付けはないけど、特定の

コミュニティでは通用する「野良」のお金である」

 

これだけだとよく分からないと思うので、

仮想通貨とは何か・・・ということを解説する前に、

まずは前提として「お金=通貨」というものの起源や

成り立ちをおさらい(理解)しておきましょう。

 

仮想通貨とは?まずは簡単に一般の各国通貨の仕組みを理解しよう

通貨=お金とは、言うなれば「価値」「交換条件」の代用品です。

 

昔、人間は「物々交換」で暮らしていました。

 

たとえば、

A「果物が欲しいけど魚が有り余ってる村」

B「魚が欲しいけど果物が有り余ってる村」があったとします。

 

この場合、この2村の需給は一致しています。

 

A「魚余ってるから代わりに果物と交換して欲しい」

B「お、こっちはちょうど果物有り余ってて魚が足りないんだ」

 

これで、交渉成立、物々交換は見事成立します。

 

このシンプルな「物々交換」こそが

今に至る「取引」の起源ともいえます。

 

しかし、我々人類の祖先は、

「物々交換だけでは不便」

だということに気付きます。

 

物々交換が不便すぎて通貨=お金が生まれた

 

さっきのA、B村の例で、

たとえばこういう場合はどうでしょう?

 

A「肉が欲しくて、魚と果物が余ってる村」

B「魚が欲しいけど果物が余ってる村」

 

この場合、前者の村の希望としては

A「余った魚か果物をあげるから、肉と交換して欲しい」

・・・というもののはずです。

 

しかし、後者の村は

B「余った果物をあげるから、魚が欲しい」わけです。

 

ところが、前者の村は「肉が欲しい」わけで、

いくら果物と交換されても、余ってるし、いらないわけです。

 

A「肉が欲しいんだよ!魚と果物は間に合ってるから!」

B「そんなこと言わず、果物あげるから魚くれ!」

 

・・・まあ、これだと交渉は成立しませんよね。

物々交換

このように、単純な物々交換だと、

相手がいらないものと必要なもので

交換条件に不安定が生じてしまいます。

 

問題はまだあります。

 

たとえば、魚や果物くらいなら、

小さいから交換や輸送も楽です。

 

しかし、

これがでかいマンモスの肉とか、

大量の穀物とかになると、交換の

ために運ぶのも一苦労。

※イメージ画像

 

こんなもん、いちいち運んでいられませんよね^^;

 

そこで「一定のルールで手軽に取引に使えるよう」

人間によって編み出されたのが「通貨=お金」でした。

 

漫画に出てくる原始人が石のお金を使ってたとか、

古代中国で貝殻を「お金」として使っていたのが、

例としてイメージしやすいと思います。

 

そして古代ギリシャやローマ帝国のような国では、

「金属の塊」を「通貨」として使い始めました。

 

これがすなわち「コイン」「硬貨」の先駆けです。

 

まさに「価値の代用」として、取引に使われるのが

私達におなじみの「お金=小銭やお札」ということです。

 

通貨は「合意」のもとにお金として機能する

この「お金」という概念で重要なのはまず人間の

「合意」「認可」によって成り立つということ。

 

たとえば、私が適当にペンで紙に「お金」と書き

殴って明日から「この紙切れを日本通貨にする」

などといっても、おそらく誰も認めません。

 

私がいくら「この紙切れ一枚で家が買える!」

とか力説しても、誰も見向きもしないでしょう。

 

というか、そんな奴がいたらただの狂人です(笑)

 

私の紙切れを「取引に使える」と認めてくれる

人はこの場合全くおらず、「お金」としての

機能は全く果たされていません。

 

これよりワンランク上の存在が

「おままごとのお金」となります。

 

「おままごと」で「葉っぱ」を

「紙幣」に見立てて遊んでるのを

思い浮かべると分かりやすいです。

 

その「葉っぱ」は、

おままごとの中では「泥団子」

「持ち寄りのお菓子」を購入できるお金です。

 

つまり、そのおままごと参加者の中だけに限れば

「葉っぱ」が「通貨」として立派に機能しています。

 

すなわち、

「私が勝手にお金と言い張っている紙切れ」

よりは「おままごとの葉っぱのお金」というのは、

「お金」としての機能を多少果たしているわけです。

 

しかし、それがお金として通用するのは

「おままごと」というコミュニティの中のみ。

 

当然、外に出れば一切通用しません。

 

しかし、明日からその葉っぱを

日本人全員が「日本円」として認識し、

世界もそれを認めたらどうなるか?

 

恐らく、日本人の財布の中は

明日から葉っぱまみれになるでしょう。

 

その一方で今出回っているお札や小銭を

明日から日本人が「ゴミ」と認識すれば、

「葉っぱ」と「これまでの通貨」の立場は

恐らく一気に逆転してしまいますよね?

 

つまり、お金がお金として成り立つには

「認可」「同意」が必要だということが

分かっていただければと思います。

 

やや極端な例を挙げましたが、

「価値の代替品」としてのお金は

このままだと「不安定な合意」の

もとに成り立っているにすぎません。

 

「円」が日本人のその日の気分や

気まぐれで価値が上がったり

下がったりしていたら困ります。

 

今日は100円で買えたジュースが、

明日になったら10000000円

とかになってたら嫌ですよね^^;

 

そこで、そんな無秩序な「お金」に秩序を

与えるのが「公権力」という存在です。

 

国の発行する「一般通貨」の価値は「公権力」が保証することで完成する

日本では多少の物価変動はありますが、

「一杯のジュースが100円で買えたのに、

次の日には1億円でないと買えなくなった」

とか、そんな無茶苦茶なことはまず起こりません。

 

それは、「日本政府」「日銀」が、

「日本円というお金」の価値を保証し、

コントロールしてくれているからです。

 

そして、この「公権力」が不安定になったり、

国の経済そのものが破綻しかかったときに

発生するのが「ハイパーインフレ」などの

「急激な貨幣価値の下落」です。

 

第一次世界大戦後のドイツ、

太平洋戦争後の日本もそうです。

 

歴史上、ハイパーインフレなどが起こるのは、

だいたい戦争や経済混乱で「国の信用」自体が

危うくなっていることが原因なんですね。

 

このことから、お金の価値の安定に

対する「政府」の役割の大きさが知れます。

 

もちろん、お金の「発行権」も

公権力側が握っていなければなりません。

 

中央銀行以外が発行するお金以外は

お金として使えず、ただの「偽金」と

されますが、まさにそういうわけです。

 

円もドルもユーロも人民元もそうですが、

各国で発行されているお金=通貨というのは

「安定した公権力による価値の保証」があります。

 

ギリシャやローマでは王や皇帝、

あるいは功績を挙げた将軍や政治家の顔を

コインに彫るということを行っていました。

 

 

↑古代ローマのコイン

 

これは、権力者が「権力を誇示したい」

という意味合いももちろんあります。

 

ですが「ギリシャ・ローマのコイン」の場合だと、

むしろ重要なのは「コインの価値保証」のため、

権力者が顔や名前をコインに彫っているということ。

 

たとえば、カエサルが自分の顔を彫ったコインを

発行するのは、ローマのトップであるカエサルが

「俺がこのコインの価値を保証してるから安心して使え」

と、わかりやすく市民に示しているわけです。

 

以上、各国の一般通貨が成り立つ要件として

 

・価値の合意=お金として取引に使えるという共通認識

・その価値を保証(コントロール)してくれる公権力の存在

 

があるということを前提として理解しましょう。

 

ちなみに昔、

「石のお金」が誕生した原始時代には、

多分政府や強力な統一王朝は存在しません。

 

まあ、村の長や地域のトップ同士が合意して

「この石のお金1つでマンモスの肉と交換可能」

くらいの取り決めはしていたかもしれませんが、

その価値は非常に不安定だったでしょう。

 

小さな村同士の軽い取引なら、

それでも別に問題は小さかったかもしれません。

 

しかし、時代が進んで各国に統一王朝が

誕生するに従い「国全土で使えるお金=通貨」

の存在が商業には不可欠になっていきました。

 

そして、広大な統一国家にもなれば、

通貨の価値を保証してくれる安定した

公権力の存在は不可欠でした。

 

たとえば、始皇帝の秦が、天下統一後

最初に行ったのが、秦が滅ぼした各国で

バラバラだった「度量衡の統一」すなわち

「全土統一通貨の発行」でした。

 

こうして、世界各国で私達にお馴染みの

「お金」が普及していったのでした。

 

「仮想通貨」とは「一般の各国通貨」とどう違うのか?

さて、ここまで説明してようやく

「仮想通貨とは何か」という話に入れます。

 

「仮想」「通貨」というからには、

とりあえず「通貨」として使えるけど、

単純に「各国のれっきとした通貨」と

同格ではないことは分かると思います。

 

例えばビットコインなどは、今では日本にも

使用可能なお店が作られ始めていますから、

段々「お金」としての価値が認められ始めています。

 

だから「価値の認可」「価値の合意」という点では、

仮想通貨も「立派にお金として機能している」といえます。

 

じゃあ、仮想通貨とは、通常の通貨と何が違うのか。

 

実は「各国の一般通貨」と「仮想通貨」には一つ、

「一番わかりやすくはっきりした違い」が説明できます。

 

それが、

「公権力による保証やコントロールの有無」

なのです。

 

仮想通貨とは「おままごとのお金」の拡大版

さっきも述べた通り「一般の通貨」には

その価値を保証したり、乱高下しないよう

コントロールする「政府」「中央銀行」など

「公権力」が存在すると言いました。

 

ところが、ビットコインにしろ

リップルコインにしろそうなのですが、

仮想通貨は政府が発行したわけではありません。

 

ビットコインがいくら大暴落しようが、

逆に大暴騰しようがお構いなしです。

 

「政府が管理する通貨じゃないから知らんよ」ということ。

 

一応、仮想通貨にも「システム管理者」など、

ビットコインなどの仮想通貨を「管理する」

立場の人はいますが、それは公権力のように

強固で安定した管理体制ではありません。

 

仮想通貨のメリット:「管理する国がない」からこそ「国に関係なく使える」

ただし、「公権力の介入がない」から

こそのメリットもいくつか挙げられます。

 

たとえば、ビットコインは国境がありません。

 

なので、ビットコインが取引されている

ネット上ならいちいち換金したり両替

したりしなくても使えます。

 

また、ビットコインは日本でも使用できる

お店が作られるなど、国単位で次第に

「ビットコインを使えるようにしよう」

という動きも出てきています。

 

さらに、フィリピンなど、一部の国では

換金や海外送金にはとんでもない税金や

仲介手数料を取られる国もあります。

 

しかし、国境のないビットコインには、

そういうものがないのもメリットです。

 

これにより、国を超えた取引や流通が

盛んになる効果が期待されています。

 

このように、

仮想通貨は「管理する政府」がないからこそ、

国境がなく、ネット上であればどこでも使える

「地球全土共通のお金」となることも期待されます。

 

とりあえず、野良通貨だからこその

メリットというのは別の記事でさらに

深く掘り下げていきますね。

 

ひとまず「仮想通貨とは何?」という話に戻ります。

 

要は、野良が勝手にお金として作ったものが、

「いつの間にやら世界中に普及しつつある」のが

「ビットコイン」であり「仮想通貨」なのです。

 

たとえば、一応「発行数を制限」したり、

政府に発行認可を得るくらいは行っていますが、

あくまで国が発行する通貨とは「違う」わけです。

(ビットコインの発行制限=2100万ビットコイン)

 

語弊を恐れず言えば、

「おままごとの葉っぱ」がそのまんま、

政府の与り知らぬところで普及してしまい、

みんな「お金」として価値を認めるように

なったのが「仮想通貨」だと言えます。

 

別の言い方をすれば、

原始人が使っていた石のお金が全世界に広がり、

統一王朝の誕生後もずっと使われてきた感じです。

 

仮想通貨と電子マネーの違いは?

また、仮想通貨と似て非なるものとして

「電子マネー」というものがあります。

 

私は、楽天ポイントカードやTポイントカード、

あるいはソフマップのポイントカードなどの、

「電子マネー」をいくつか所持しています。

 

これらは「仮想通貨」とはどう違うのか。

 

それは、

仮想通貨は「独立して存在するお金」で、

電子マネーは「日本円などとして使える」

という点が根本的に違います。

 

仮想通貨は、円でもドルでもユーロでもありません。

 

それらとは全く違う種類の「BTC」という単位のお金なのです。

 

それに対し、日本で使えるポイントカードの

ポイント、すなわち「電子マネー」というのは

あくまで「円」の代わりとしてしか使えません。

 

たとえば、楽天ポイントカードが100ポイント

溜まっていたら「100円」と同じです。

 

それ以上でもそれ以下でもありません。

 

あくまで、電子マネーは「既に存在する通貨」

の代わりとして使えるものなのです。

 

要は、お札や小銭として存在していたものが

「ポイント」に置き換わったのが「電子マネー」。

 

既存の通貨ではない、全く別の通貨なのが

ビットコインをはじめとした「仮想通貨」です。

 

仮想通貨とは?初心者への解説まとめ

以上、

・仮想通貨とは、わかりやすく言えば「公権力」の後ろ盾のない「野良通貨」である

 

こういう理解ができれば、

まずは仮想通貨の理解としては十分です。

 

ここまでの言い方だと、

仮想通貨とはなんとなく

「怪しいヤミ通貨みたいなもんか」

と思うでしょう。

 

まあ、実際その認識は間違っていません^^;

 

しかし、逆に言えば「野良」だからこそ、

ある意味「魅力的」な部分もあるのです。

 

最近はそんな「仮想通貨」を売買したり、

取引したりする動きが盛んになっています。

 

仮想通貨への投資が熱い!だけど・・・

ネットビジネス リアルビジネス 違い

 

ここ数か月で、ビットコイン購入者は

爆発的に日本でも増えてきていますね。

 

それはさておき、仮想通貨には「国」のような

強固な「バックアップ」が存在しないからこそ、

リスクと同時に「可能性」「危険な魅力」を孕んでいます。

 

ビットコインがまさにそうですが、

仮想通貨はいきなり大暴騰したり、

大暴落したりという動きを起こしやすいです。

 

何せ、政府や中央銀行が金融政策や

為替介入で価値を出来るだけ均衡に保つとか、

そういうことは全くといっていいほどされません。

 

だから、仮想通貨とは「非常に価値が不安定」な

通貨である一方で「異常な値上がり」を起こします。

 

たとえばあなたが、

「仮想通貨が超安いときに買い」

「超高くなったタイミングで売る」

ということを行うとどうなるでしょうか?

 

FXなどのような為替取引とは、

比較にならない大きな利益が出ます。

 

参考として、もっとも有名な仮想通貨・ビットコイン

登場から現在までどんな値上がりをしたかをご覧あれ。

 

ビットコインの価格相場

2009年   1月ビットコイン販売スタート

2009年   1BTC=0.09円

2010年   1BTC=15円

2011年    1BTC=254円

2012年    1BTC=893円

2013年2月 1BTC=2,000円

2013年10月 1BTC=20,254円

2014年   1BTC=37,833円

2015年7月 1BTC=54,570円

2015年10月 1BTC=66,000円

2016年11月 1BTC=83,000円

2017年4月 1BTC=133,000円

2017年7月 1BTC=330,000円

2017年9月 1BTC=520,000円

2017年11月 1BTC=850,000円

2017年11月25日 1BTC=1,000,000円

 

注目して欲しいのが、

ビットコインリリース直後の1BTCの価値。

 

1円どころか、0.1円にも満たなかったことが分かります。

 

・・・極端な話ではありますが1BTCが「最低」の時に

ビットコインを買って、高くなった現在まで放置した人は、

ほぼ何もせず棚ぼた式に億万長者になったりもしています。

 

夢のある話ですよね^^;

 

もちろん、こういう「魅力」をビジネスに転用する動きも出ます。

 

ブームに乗っかったいわゆる仮想通貨投資や、

売買がだんだん盛んになりつつあるのが、

2017年末から2018年以降にかけての

仮想通貨市場の動向ということになります。

 

多分、今後その流れはどんどん加速するでしょう。

 

仮想通貨ブームに惑わされず、冷静に・・・

ひょっとすると、これを読んでいるあなたも

「仮想通貨は儲かる」「ビットコインが儲かる」

という話を聞いて調べてみようと思ったのではないでしょうか?

 

でも・・・でもですよ。

 

私はほかのブログのように

「君も仮想通貨の波に乗っかれ!!」

ということを言うつもりはありません。

 

私も仮想通貨の可能性自体も否定しないけれど、

仮想通貨ブームに安易に乗っかるのはちょっと

「待って欲しい」というのが私の立場です。

 

ビットコインをはじめとする仮想通貨は

リスクも孕んでいるので、少々注意すべき

点もあるというのはご存知でしょうか?

 

前提として、仮想通貨とは通常の通貨と同じく

「価値」の代用品であるということは話しました。

 

つまり、「欲しがる人間が増える」ことでその「価値」が

さらに高まること自体は「モノ」と何ら変わりません。

 

要するに、仮想通貨の仕組み上、

先買いしている人間にしてみたら、

もっともっとビットコインの価値が

上がれば当然得をしていくわけです。

 

だから、彼らは当然みんなもっと仮想通貨を

買ってくれると嬉しいし、それを勧めてきます。

 

今、「仮想通貨は稼げるぜ!」という情報が

ネット上にはしきりに広まっていますがそれは

「仕掛ける側」の情報操作があるということ。

 

それだけは忘れないようにする必要があります。

 

繰り返しますが、私は仮想通貨自体は決して否定しないです。

 

でも、あなたがもし「仮想通貨とは、なんか知らんが稼げる!」

という認識を持っているなら、ちょっと冷静になってほしいのです。

 

仮想通貨とは、決してすごいことばかりでなく、

危険性や不安もあることを十分理解し、損失や

その他のリスクがあることを承知の上で購入しないと

最悪「人生が壊れる」可能性もあります。

 

今仮想通貨を買う人というのは、

ほとんどが投資や投機を目的とした人でしょう。

 

であれば、通常の「投資」と同じく、しっかりした

資金管理やリスクヘッジを行う必要があります。

⇒投資はお金も余裕もあるからこそできるもの

 

次は、

仮想通貨のメリットやリスクについての話をより掘り下げていきます。

 

仮想通貨に投機や投資を行う際は、

以下の記事で語るリスクも把握したうえ、

あくまで「自己責任」で行ってくださいね。

【仮想通貨をやる前に】ビットコイン投資のリスクと危険性とは?

 

このブログでは

「安全かつ出来るだけ資金のかからない方法で」

「誰かに頼らずお金を自分で稼いで自由になる方法」を

公開していますので、もし興味があれば、

是非他の記事も読んでみてくださいね。

⇒くろかさが実践する「アフィリエイト」基礎講座

 

 

質問、疑問等がありましたらご遠慮なくお問い合わせください!

⇒くろかさに連絡する

 

くろかさ公式メルマガ

 

このメルマガでは「PC一台」

「特にスキルや経験もない普通の新卒サラリーマン」が、

「わずか半年ほどで脱サラを達成し」

「金銭的・精神的・肉体的自由を手にした」

その過程と方法を赤裸々にぶっちゃけていこうと思います。

 

普段のブログでは言わない「エグイ」情報も、

このメルマガではどんどんぶっちゃけたいと思います。

 

本気で「賃金労働や不景気に翻弄されない生き方」を

手にしたいという方は「是非」登録することをおすすめします。

 

もちろん

「完全無料」

「いつでも解除可能」

「スパム行為はしない」

これらを守り、良質な情報を発信することを約束します。

 

「脱サラとかできるならしたいけど、自分には無理でしょ・・・」

「特別な才能を持った人間だけができることなんでしょ?」

そんな思い違いは、この無料メルマガで全部「一掃」します。

 

さらに「メルマガ読者限定」で、

「有料商材級」「濃い情報」を詰め込んだ

「スペシャル特典」をお渡しさせていただきたいと思います。

 

☆メルマガ特典紹介☆

全三巻PDFファイル

1巻(78ページ)

2巻(63ページ)

3巻(70ページ)

合計211ページ

【第1巻】「精神・金銭・肉体」すべての自由を手に入れたいあなたへ

・私は「何を」して自由になったのか?

・自由になるための戦略の全体像

・あなたは「いくら」稼ぐ必要があるのか

・金銭的リスクなくお金を稼ぐ方法とは。

・「やっても稼げない9割の人」が誤解していること

 

【第2巻】絶句必至!?お金儲け情報の「怖い裏事情」を徹底暴露

・生きることは「情報戦」

・「情報弱者」と「デマ」

・稼ぐ「本質」に近付く「第一歩」とは

・情報弱者から搾取するネットのオファーの「驚愕の手口」

・ビジネス勧誘で使われる「甘い言葉」と「現実」のギャップ

・お金儲け系詐欺の実態

・雑談:搾取の仕組みと脱出方法

 

【第3巻】ライバルを精神・知識で抜き去る必勝マインド&設計図伝授

・私が個人でお金を稼ぐ方法論とは

・あなたも今すぐ取り組める?ネットを使ったお金儲けの実践モデル

・マインド編:「稼げる人」になるために心得て欲しいこと

・上手くいかない人が100%勘違いしていること

 

以上を読んでいただき、

「自由を手にするための方法」

「自由になるためにあなたが考えるべきこと」

徹底的に学んでみてください。

 

それでは、ご登録をお待ちしております。

*メールアドレス
お名前(ニックネーム可任意)

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ