清水和希 『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』は「ネット起業」の基礎を学べる?

くろかさです。

 

私事ですが、風邪をひきましたw

 

下手したら1~2年ぶりの風邪ですね^^;

 

社畜時代は風邪をひいている暇もないほど

忙しかったですから、本当に久々ですw

 

多分、これを読んでる皆さんも季節の変わり目などに

風邪をひいてしまうことってあると思います。

 

おまけに、会社勤めなんかだと

微熱くらいでは休めませんし大変ですよね^^;

 

風邪をひいても自由に休むor在宅で仕事ができ、

寝てても収益が発生するのはネット起業の

有難みだと思っています^^;

 

さて、今回レビューする案件ですが、

清水和希さんの「世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術」

という案件についてレビューしていきます。

 

・・・と言っても、

今回のレビューの仕方はちょっといつもと違って、

内容的にはぶっちゃけ参加の価値ありです。

 

まず断っておきますが、

今回は叩き目的&誘導目的ではなく、

むしろ私が時たま書く「純粋にいい」

と思うから趣味で書いた記事になります。

 

私は別に彼のオファーをアフィリエイトしてるとかは

一切ありませんし、一切関りはないですが、単純に

内容は良いと思いますので敢えて紹介する限りです。

 

ほかのブログでは「適当にレビューして終わり」

みたいなのが多く、ちょっと嫌だと思ったので、

私なりに「世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術」

の良い点、注意すべき点をちゃんと述べていきたいと思います。

 

ただ、私の予想を言うと、

この記事でアクセスはほぼ稼げないです。

 

こういう「きちんとビジネスを立ち上げて稼ぐ」

オファー程何故かアクセスは少ないんですよね。

 

むしろみんな「20万円配る」とか、

そっちの案件の方にばかり目が行くようです。

 

そういう変なオファーに、

今回のようなしっかりしたオファーが埋もれるのは

悲しいことなので、ちゃんと記事にしたいですね。

 

清水和希 世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術 評判・レビュー

特定商取引法(プライバシーポリシー)

:https://www.kigyou8.net/rakuraku/lp01/privacypolicy.html

(ただし、責任者名や住所等の記載漏れアリ)

引用元:https://www.kigyou8.net/rakuraku/lp01/

参考書評:http://www.honzuki.jp/book/255408/

 

清水和希 世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術の手法は「王道の情報起業」

清水和希さんの

「世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術」というのは、

書店にも並んでいる同じタイトルの「本」でもあります。

 

私も以前書店でちょっと読んだことがあったと思います。

 

それを、今回はオファーとしてさらに

強化して売り出したという感じですね。

 

本の内容ですが、一言でいうなら

「王道な情報起業のための参考書」

という感じで、内容は良い感じです。

 

一部では「リアル起業のノウハウか?」

と思ってしまうかもしれませんが、

要は情報商材を作って稼ぐということなので、

「ネットビジネス」の範疇に入れていいです。

 

情報商材というのは例えば、

自己啓発本やマニュアル本の簡易版・・・

とでも言いましょうか。

 

「誰でも分かる!マイクロソフトオフィスの使い方!」

「元人気ホストが教える恋愛で気になる女性を100%落とせるテクニック!」

「どんくさい人でも仕事で上手くいくコツ」

「楽に10kg痩せる方法!」

 

・・・書店に並ぶ自己啓発本やテキストにも

こういうタイトルのものはたくさんありますが、

それを本ではなく「自作レポート」のような形で販売し、

お金につなげていく、というのが「情報商材」です。

 

私にとっても今でこそ「当然」のようにやってる情報発信ですが、

社畜という人生しか選択肢がないと思っていたころはこういう発想も

持てませんでした。

 

なので、

「サラリーマンとして賃金労働をする以外生きる道はない!」

という価値観をぶっ壊す意味でも、今回の清水和希 さんの

『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』は

一度読んでみても損はない本です。

 

清水和希 『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』はあくまでマインドセット。具体的なノウハウは・・・

今回、清水和希さんは

『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』

「出版記念」として今回のセミナーを開くことになります。

 

ここで注意してほしいのは、

恐らく今回のセミナーで「より実践的なノウハウ」を

学ぶためのバックエンドが登場するであろうことです。

 

そもそも、今回の清水和希 さんのオファーの元にもなっている

著書『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』は、

実践的なノウハウ本というよりは「自己啓発」であるとか、

「こういうビジネスもある」というマインドセット本です。

 

実際、清水和希 さんの

『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』

の書評を色んなサイトで調べてみたところ、私の感想と

大体一致していて、「マインド本としてはいい感じ」

といった意見が大半でした。

 

代表的な感想をちょっと引用してみますね。

 

清水和希 『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』に関する感想

内容はいわゆる情報起業で、自分の過去の成功体験を

コンテンツにして販売する、というものです。

 

ランディングページを作ってステップメールに登録してもらい、

そのステップメールの中でセールスをかけてコンテンツを販売する、

というのが基本的な流れになります。

 

ランディングページを書く時のコツや

ステップメールの構成などは書かれているのですが、

具体的にどうやって販売するのか、決済システムは

何を使うのか等については触れられてないので、

ある程度インターネットビジネスの知識がないと、

これ1冊でビジネスの全体像を具体的にイメージするのは難しいです。

 

したがって、具体的なノウハウを知りたい方というよりは、

考え方を知って「情報起業のハードルは高くない」という

マインドセットを得たいというような方に向いていると思います。

 

 

まあ、こういう感じなので、

あくまで元となった本は「マインドセット」を

中心にした本である一方で「今回のセミナーへの興味付け」

というマーケティング戦略も入っているとは思います。

 

本格的な情報起業のコンサルを、

今回のセミナーで募集するという流れでしょう。

 

清水和希 『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』は実際「稼げる」と思います。だけど注意点・・・

まず、結論からぶっちゃけますが、

清水和希 さんの『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』

のノウハウは、かなり大きく稼げるノウハウであることは間違いないです。

 

稼ぎ方というのは、さっきも言ったように自分の

「情報商材」あるいは「独自コンテンツ」を作って

それを売っていくことになります。

 

今回のノウハウで作成して売っていくことになるであろう

「情報商材」というものは、形式自体はPDFだったり、

ツールだったり、動画セットだったりいろいろあるわけですが・・・

 

注目したいのが、それぞれの情報商材が、

ネット市場では結構な高値で売られている事実があります。

 

よく見る相場としては1~3万くらいでしょうか。

 

これを聞いて驚くかも知れませんが、

アドモールやインフォトップを見てもらえば分かるとおり、

この程度の単価は「普通」で、場合によっては高額セミナーも

「独自コンテンツ」として販売していくこともできます。

 

情報商材というのはジャンルによってはかなり

買う人というのも多いし、稼げるんですよね。

(稼げる情報商材のジャンルについては後述)

 

というか、もしあなた主催の30万の高額塾が1個売れたら、

それだけでその月の収益は手数料を考えても「20数万」に及びます。

 

5本売れれば100万円です。

 

なおかつ、あくまであなたの個人経営であれば、

そのお金は丸ごとあなたの懐に納めてもいいわけです。

 

だから自分の独自コンテンツを作って販売することで、

月収100万という「サラリーマンからしたらあり得ない」

数字すら「普通」になってしまうのが情報業界です。

 

だから、LPで謳われる実績なども、今回はかなり

「安心」して「違和感」なく見ることが出来ました。

 

もちろん、

クソみたいな内容や詐欺ノウハウを販売してる奴もいますが、

私の師匠のように「正当なアフィリで稼ぐコンサル」を売って

何百万を一気に稼ぐ強者もいます。

 

だから、情報商材の中でも「いい情報商材」を作って

堂々販売すればあなたは一気に「サラリーマンなんぞやめればOK」

くらいの状況には瞬時に到達してしまうことも「可能」なのです。

 

・・・と、かなり景気のいい話をしましたが、

「情報商材」とはいっても、何も考えず適当に

ステマしてれば勝手に売れるとかではもちろんありません。

 

独自コンテンツを売るからには、やっぱり

「売れるだけのノウハウ」をあなたが作れるか?

 

・・・という問題が生じてくるわけでして。

 

「そんなもん自分にはない!」と思うのが普通の反応ですが、

まずは、そのことについて実態を述べていきたいと思います。

 

清水和希 『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』「誰でも売れるノウハウを持っている」は半分ホントであり、半分はウソ

これについて、低評価を付けた方の感想が

非常に説明にもってこいだったので引用しますw

 

第一章に「あなたのちょっとした成功体験がお金に変わる」と

あります。自分の持っているノウハウが売れるということなんです。

 

読んでいると「ふ~ん,そうなんだ」と納得するのですが,

正直なところ自分にそんな人様に買ってもらえるノウハウが

あるとは思えないし,簡単ではないだろうというのが実感です。

 

ハウツーとしては,確かにおっしゃるとおりという感じは

しました。ただ,その前段の売れるノウハウが最も重要で

これがなければ,ハウツーだけ知っていてもダメだろうと思います。

 

第三章に「商品は企画が9割」とありますが,まさにその

とおりで,売れる企画があれば苦労しないよなと・・・。

 

元に戻ってしまいますが,結局のところ

「人様に買ってもらえる何か」を持っているか

どうかが,一般人と著者との違いでしょう。

 

著者は誰でも「売れるネタ」「人様に買ってもらえる何か」

を持っていると主張していて,それをうまく売って稼ぐことが

できるとのストーリーを展開していますが,そんなに簡単に

いくとは思えない,つまり読み終わっても半信半疑のままでした。

 

この感想が一番「なるほど」と思えたもので、

恐らく、今から皆さんが実際に清水和希 さんの

『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』

を読んでみても、同じ疑問を抱える方はきっと多いと思います。

 

この方のおっしゃっていることで一番重要なのが、

 

「誰でも商品化して売れるノウハウなんて持ってるものなのか?」

「結局、それを持ってるかどうかが一般人と著者の違いでは?」

 

この二点です。

 

皆さんが実際に「情報発信」で稼げるかは、

これらの疑問を解決できるかにかかっています。

 

実は「一般人」の「平凡な知識」も十分ノウハウとして売れる

まず、

 

・「人に買ってもらえる何か」を持っているかどうかが一般人と著者の違い

 

これについては、書評を書いた方に反論します。

 

確かに、

「情報発信は特別なものを持っていない人には出来ない」

と思ってる人は非常に多いので、

もっともな疑問ではあります。

 

ですが、私達「一般人」も、

実は日常的に「情報」を「価値」に

変えるということを行っているんですね。

 

たとえば、高校生や中学生が

「ノートを写させてもらう代わりにジュースをおごる」

みたいなシチュエーションはよくあると思います。

 

ノートなんて、多分ちゃんと授業中

起きていれば誰でも取れて当たり前のものです。

 

ですが、一方では

「授業中ずっと寝てしまって」

「ノートが全然取れていない」

という人もいますよね?

 

ここに、いわば「情報の格差」が生まれます。

 

そして、この「情報の格差」の発生こそがまさに

「別に大したことない情報を価値に変える」最大の

チャンスになっているのです。

 

あとは「お年寄り向けのパソコン講座」

というのもいい例になると思います。

 

多分、現代人の大半にとって

「パソコンの最低限の操作」くらいは

出来て当たり前のことだと思います。

 

ですが、比較的若い世代にとっては

「当たり前」でも、ちょっと世代が違うと

「起動すら分からない」とかよくありますw

 

しかも、お年寄りどころか、

最近はスマホ文化全盛期なので、

「PC触ったことないし~」という

若者も案外、相当数いたりします。

 

そういう人達に

「PCの超基本的操作」を教えるだけでも、

それは「情報」「価値提供」になるのです。

 

だから、

「商品に出来る情報なんて誰もが持ってるもんじゃないよ」

と一概に決めつけてしまうのは早計なわけです。

 

清水和希さんの

『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』で

その部分がどのくらい強調されていたかはうろ覚えです。

 

しかし、

少なくとも「情報発信をお金に換える」こと自体は、

特別な人にしかできないというものでもないんですね。

 

だから、再現性は十分あるというのが私の考えです。

 

「需要のある情報」でないと意味が無い!

ですが、同じ評者の方がおっしゃっていた

「商品が9割」というのはまさにそうです。

 

いくら

「自分だけが知ってて周りが知らない情報」でも、

それが「他人にとってどうでもいい情報」ならば、

コンテンツとして売っても全く意味がありません。

 

言い換えるならば、

「消費者が金額ほどの価値を感じない情報」

というのもまた「NG」です。

 

たとえば、あなたが

「スターウォーズのキャラクター全員知ってる」

と言って、その名鑑を数百万円とかで売っても、

相当のマニアでもない限り誰も買わないのは目に見えてます。

 

こういうのがまさに、

「普通の人にとってはどうでもいい情報」であり、

「数百万払う価値も(一般人には)ない」わけです。

 

だから、たとえあなたに何かしら

「誰にも負けない経験談やノウハウ」

があるとしても、それが多くの人に

必要とされるかは別問題なのです。

 

清水和希 『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』で重要なのは「需要のある情報発信」を心がけること

以上の事から、清水和希さんの

『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』

で注意すべき点が大きく分けて二つ見えてきます。

 

・ちょっとした情報の格差を利用すれば「大したことない知識」も価値になる

・しかし「その情報が多くの人にとって価値があるか?」も考えて売るべき

 

言い換えれば、情報発信で稼ぐには

「需要がある情報」を発信するのが大切

だということです。

 

「誰でも情報発信で稼げるネタを持ってる」

というのは半分「本当」だと言えるし、半分

「嘘」だというのはつまるところこういうこと。

 

「確かに、誰にでもその人にしかない知識や体験は必ずある」

「だけど、それにお金を払う価値を感じてもらえるかは別問題」

 

これらの点に注意していく必要があります。

 

何のスキルもない私が「情報発信」で稼いでいるカラクリ

で、私もいうなれば「情報発信」を

お金に変えて稼いでいるわけなんですが、

これもちゃんと「多くの人が必要とする情報」

というのをあくまで心がけています。

 

たとえば、

「ネットでお金を稼ぐ方法」

「ネットを使って脱サラする方法」

というのが私の情報発信です。

 

多分、ネットで個人起業して

お金を稼ぐことに興味がある人は多いし、

「脱サラ」を内心望んでいるサラリーマンも

多いはずですから、「稼げるネタ」なのです。

 

でも、「お金の稼ぎ方」ともなれば、

やはり誰にでも発信できるものではないし、

ましてや自分でそのノウハウを自作して

売るのはかなり難しいと思います。

 

だから、「すでにまとまっているノウハウ」

すなわち「他人の作った情報商材」を紹介して

お金を稼ぐという手を使っているわけです。

 

これが私のやっている

「アフィリエイト」という方法ですね。

 

ぶっちゃけ、いきなり自分の情報商材を作って売るのは

「確かにしんどい」と思うし、そういう意味では

人の商品を紹介していけば良いアフィリエイトの方が

「普通の私達」には、取っ掛かりやすいと思います。

 

アフィリエイト自体は「実績」がなくたって、

しっかりポイントを意識すれば初心者でも

すぐ稼げるようになるものです。

⇒アフィリエイトに実績は必要ない!

 

発信できるネタが無いと嘆く前に、発信できるネタをインプットしてしまおう

で、ここからが重要なんですが、

私は今でこそ「実績」も「知識」もありますが、

昔はアフィリの知識やノウハウなんか一個も

持っていませんでした。

 

全部、後天的に勉強して身に付け、

いっちょ前に情報発信できるように

なっただけなんですね。

 

だから、今あなたが

「人に提供できるような大層なノウハウがない」

のであれば、今から作ってしまえばいいのです。

 

たとえば、パソコンができない人が、

一カ月勉強して他の人に負けないくらい

パソコン通になったとしてみましょう。

 

もうこの人は、ほかの「初心者」に

パソコンを教えて稼ぐこともできます。

 

このように、あなた個人の立派な体験が無くても、

アフィリエイトなどのようなある程度まとまった

ビジネス手法であるならば「後から勉強して」

「発信できる側になることも可能」なわけです。

 

清水和希 『世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術』

さて、清水和希さんの

「1日1時間らくらく起業術」の総評ですが、

私の現在行っている「独自コンテンツ=商材作り」

とも関連する点で「稼げる」ことは間違いないです。

 

ただし、「自分の独り善がりな、需要のない情報」を

無理矢理売ろうとしてしまうことがないようには注意

すべきで、そこは清水和希さんのバックエンドセミナーで

しっかり学んでいくこともできるでしょう。

 

ですがやっぱり、

私も「いきなり独自コンテンツを作って売る」

というのは「一般人には難しいだろうな」と思います。

 

「他の人が成果を出しているジャンル」を素直に真似て、

それで稼いでいく方法もあると思います。

 

また、もう少し敷居の低いものでは、

「人の商品を紹介すればいい」

アフィリエイトで稼ぐ方が確実かと思います。

 

ただ、独自コンテンツを自由に作って稼ぐのが

一番でかい金額を稼げるのは確実です。

 

そのノウハウをしっかり学ぶ覚悟があるなら

清水和希さんの「らくらく起業術」は

「参加の価値はあり」だと思っています。

 

一番堅実なのは、

「アフィリエイトでお金を稼ぐ」

「アフィリエイトで稼いだ実績をコンテンツ販売する」

という流れで、清水和希さんの手法をハイブリッド

させていくのが一番バランスが良いのかなと思います。

 

私が稼いでいるのはまさに

この「ハイブリッド手法」ですね。

 

もし興味のある方は、

私の無料メルマガでもその稼ぎ方で

脱サラするための情報を配信しているので、

 

是非ご覧ください!

 

以上、かなり私見も入れつつ、

今回の清水和希さんの「1時間らくらく起業術」

について議論してみました。

 

このブログでは「誰かに頼らずお金を自分で稼いで自由になる方法」を

公開していますので、もし興味があれば他の記事も読んでみてくださいね。

 

質問、疑問等がありましたらご遠慮なくお問い合わせください!

⇒くろかさに連絡する

 

 

くろかさ公式メルマガ

 

このメルマガでは「PC一台」

「特にスキルや経験もない普通の新卒サラリーマン」が、

「わずか半年ほどで脱サラを達成し」

「金銭的・精神的・肉体的自由を手にした」

その過程と方法を赤裸々にぶっちゃけていこうと思います。

 

普段のブログでは言わない「エグイ」情報も、

このメルマガではどんどんぶっちゃけたいと思います。

 

本気で「賃金労働や不景気に翻弄されない生き方」を

手にしたいという方は「是非」登録することをおすすめします。

 

もちろん

「完全無料」

「いつでも解除可能」

「スパム行為はしない」

これらを守り、良質な情報を発信することを約束します。

 

「脱サラとかできるならしたいけど、自分には無理でしょ・・・」

「特別な才能を持った人間だけができることなんでしょ?」

そんな思い違いは、この無料メルマガで全部「一掃」します。

 

さらに「メルマガ読者限定」で、

「有料商材級」「濃い情報」を詰め込んだ

「スペシャル特典」をお渡しさせていただきたいと思います。

 

☆メルマガ特典紹介☆

全三巻PDFファイル

1巻(78ページ)

2巻(63ページ)

3巻(70ページ)

合計211ページ

【第1巻】「精神・金銭・肉体」すべての自由を手に入れたいあなたへ

・私は「何を」して自由になったのか?

・自由になるための戦略の全体像

・あなたは「いくら」稼ぐ必要があるのか

・金銭的リスクなくお金を稼ぐ方法とは。

・「やっても稼げない9割の人」が誤解していること

 

【第2巻】絶句必至!?お金儲け情報の「怖い裏事情」を徹底暴露

・生きることは「情報戦」

・「情報弱者」と「デマ」

・稼ぐ「本質」に近付く「第一歩」とは

・情報弱者から搾取するネットのオファーの「驚愕の手口」

・ビジネス勧誘で使われる「甘い言葉」と「現実」のギャップ

・お金儲け系詐欺の実態

・雑談:搾取の仕組みと脱出方法

 

【第3巻】ライバルを精神・知識で抜き去る必勝マインド&設計図伝授

・私が個人でお金を稼ぐ方法論とは

・あなたも今すぐ取り組める?ネットを使ったお金儲けの実践モデル

・マインド編:「稼げる人」になるために心得て欲しいこと

・上手くいかない人が100%勘違いしていること

 

以上を読んでいただき、

「自由を手にするための方法」

「自由になるためにあなたが考えるべきこと」

徹底的に学んでみてください。

 

それでは、ご登録をお待ちしております。

*メールアドレス
お名前(ニックネーム可任意)

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ