ネットビジネス実践者が教える「優良オファーと詐欺の見分け方」講座

くろかさです。

 

なんだかんだ言って最近は

「ちゃんとした人のもとでネットビジネスを学んでみたい!」

という人も増えてきています。

 

もちろん、そう考えてくれるのは非常に良いことだし、

これまでのような「楽に稼がせてあげます!」系のオファーに

引っかかる人がこれを機に減少していけば、

ネットビジネス全体にもいい影響が生まれるかも知れません。

 

とはいえ、「ダメな案件を見分けて避ける」のと、

自分に最適な教材やセミナーを見つけ出してそれをキャッチするのは、

「また別問題」という話になってくるのが難しいところです。

 

人間関係で例えれば、

「悪い奴」は見極めて避けることが出来るけど、

「良い奴」を引き寄せて積極的に友達になることが出来ない人のようなもの。

 

悪い奴を遠ざけるの自体は超簡単です。

 

他人という他人を誰も寄せ付けず「みんな悪い奴」と

想定して全人類を「避け」ればいいだけですから。

 

でも、なんか違いますよね?

 

そういう人は、確かに悪い人は引き付けません。

 

ですが、良い人も結局引き付けられないので

人間関係には恵まれないという悲しい結果になります^^;

 

そうではなく、

「悪い奴」は遠ざけられて

「良い奴」は引き付けられるのが理想ですよね?

 

ネットビジネスも同じです。

 

「もう騙されたくないなら、金輪際やるな」

 

本来これで終わりですw

 

ですが、皆さんは「本当に稼げる方法」を知る必要があるわけです。

 

避けていても「今のままなにも変化しない」人生が待っているだけですから・・・

 

そこで今回は、

世間には「ダメなオファーや高額塾」が溢れている中、

どうやってその中から「一握りのいいオファー」を

探し当てればいいかを考えてみましょう。

 

良いオファーと詐欺オファー(塾)とを見分けるのに重要な「無料オファーのカラクリ」

ネットビジネス 見分け方

さて、前置きが長くなるのもあれですので、

さっそく本題に入っていきますが・・・

 

まず、「しっかりノウハウを教えてくれる案件」が

どういう場所に眠っているか?というところについて。

 

近年、多くの人が「●●という案件に騙された!」という感じで、

「高額塾の勧誘」とか「高額商材」の被害に遭っています。

 

そもそもそういった案件の情報は、

たとえば「http://rakurakukaseguy.seesaa.net/」のようなまとめサイトや、

あるいは「どこかから」突如流れてきたよく分からない怪しいメルマガ、

あるいは自分から登録したメルマガから発信されている場合が多いですので、

大半の人はここから無料オファーの情報を入手していますよね。

 

ここで気を付けたいのが、

「たくさんのメルマガやブログが絶賛しているもの」

=「いいオファーや商材」とは「限らない」という所です。

 

ぶっちゃけますが、

メルマガやまとめサイトでこの手の無料オファーを紹介すると

多くの場合は紹介者が「アフィリ報酬」をもらえるんですよね。

 

だから、一部のブロガーやメルマガ発行者は、

この手の高額塾の情報を積極的に私たち読者に流してきます。

 

それは塾やオファーの良し悪しに関わらず、

単に「発信者が儲かるからそうしている」わけです。

 

私もいろんなメルマガを流されるのですが、

酷いメルマガの場合は「メルマガの二通目」

くらいからもう高額塾の勧誘を行ってきますw

 

ちなみに、私のメルマガではそもそも誰のものか分からない

高額塾やら無料オファーやらの勧誘を行うことは基本絶対やりません。

 

というか、世間のメルマガやらで

やたら「おすすめです!」って流されてくる高額塾や無料オファーなんて

「基本ロクなものがない」から「紹介できるほどのものに出会ってない」

・・・と言った方が正しいかも知れないですね^^;

 

こういったオファーは、

メルマガ発行者と結託してるのか分かりませんが、

やけに多くの人が勧めてくる場合が多いので、

一見すると「本当におすすめなのかな?」と、

詳しくない人・初見の人には思えてしまいます。

 

ですが、さっきも言ったように、

実は「紹介者数=いい案件」ではありません。

 

というのも、

大々的にメルマガ発行者やらブロガーに協力してもらって宣伝するようなオファーは、

「その莫大な宣伝費用」をどこかで回収しなければ「オファー主が割に合い」ません。

 

だから、出来るだけ多くの人に参加してもらって、

それなりのセミナー代を払ってもらわなければ「損」になります。

 

そういう事情もあって「高額塾」は本当に「高額」になるし、

多くの場合は価格ほどの価値があるかというと微妙なものばかりです。

 

ぶっちゃけ、元手を回収するために価格を上乗せしまくった結果、

大げさな金額になってしまっているセミナーが多いようにも思います^^;

 

ですが、内容が再現性の高いもので、本当に稼げるならばまだ救いはあります。

 

問題は、メルマガで流れてくる出どころ不明なオファーは、

最初から「参加費を巻き上げて稼ぐ」ことばかりを目的にした場合も多く、

「手抜き」で「安く」作ったいい加減なオファーを定期的に流し、

騙された参加者からお金を巻き上げる行為も多発しています。

 

そして、「参加費」を「集めたいだけ」だからこそ、

メルマガやまとめサイトに積極的に露出して、

参加者だけはひたすら大勢集めようとするわけです。

 

実際そういう「グループ」が存在するのか、

毎回毎回「似たようなパターン」のオファーを仕掛けてくる連中もいます。

 

↓のオファー群なんか、マジで会社名とオファー主名を変えてるだけです。

⇒永井美智子 「何もしないでも稼げるビジネス」「コムロビルシリーズ」に注意!

 

中には「人数限定!」とか言って煽りながら、

実は「できるだけたくさん」の参加者を

集めようとしているだけの案件もあります。

 

まあ、そういう案件に限って

「あなたは何もしなくていい」系の案件なので

「ちゃんとしたビジネスを教えてくれるもの」

というのはほぼ無いと言っていいと思います。

 

結局のところ、

メルマガやまとめサイトなどでやたらめったら

宣伝されまくっている「オファー」というのは、

大概「価格以上の価値のものはない」と思っていいです。

 

良いオファー・詐欺オファーの見分け方:「どこのASPが販売してるか」はほぼアテにならない

オファー 見分け方

中には、

「●●という大手ASPが販売している=審査通ってるから大丈夫」

というように、販売元のASPがどこどこだからと言って、

それをもとにオファーの信頼性を判断する人もいます。

 

ですが、これは非常に危険です。

 

たとえば、大手ASPの●ンフォ●ップさんも、

結構悪名高い無料オファーの販売斡旋元として、

大いに被害者から非難を浴びたりしています。

⇒GIFTプロジェクト被害者スレ

 

ただ、擁護するわけではありませんが、

ASPにできる審査というのは限られています。

 

ASPが審査する(できる)のは、

実のところ「セールスレター」くらいのもので、

実際に「ASPの社員」が「その案件」に参加して、

「実際稼げるか」を検証することはまず不可能です。

 

ハッキリ言えば、

限定的な「ASPの審査」をアテにすること自体間違い

でしかないわけで・・・

 

そもそもですよ。

 

ASPの「仕事」というのは、

商品を売りたい」と思う顧客に

売る場を与えてあげる」ことです。

 

あまり審査をきつくしすぎて、

「使いにくいASP」なんて評判が立てば、

そもそも「商売にならない」わけです。

 

まあ、ちゃんとした無料オファーを打ち出す人は、

逆に「厳しいASPの審査に通った!」ということを

ブランディングに逆用していくでしょうが・・・

 

そんな人が「ほとんどいない」というのは明らかですw

 

まあ、ASPの中にも「比較的」まともなASP、

「比較的」ダメなものばかり扱うASPというのは存在しています。

 

しかし、「どのASPで審査&販売されているから大丈夫」とか「ダメ」とか、

そういう「単純な判断はできない」ということによく注意しておくべきです。

 

どんな優良大手ASPもダメなものを扱っている場合もあれば、

悪評が多いASPもしっかりしたものを一定数扱っている場合もあります。

 

だから、どこのASPが扱っているかなんて、

オファーが「良いもの」か「詐欺」かの信憑性の

判断材料にはほとんどならないと思っていいです。

 

もちろん、先にも述べたようにASPの審査なんて

「大雑把」「表面的」なものでしかないため、

レターが信憑性があるかどうかなんてASPはまともに見ていません。

 

つまり何が言いたいかというと、

最終的な判断は「私達」が行うしかないのです。

 

本物のオファーやセミナーは「あまり表には出てこない」

さて、ここまでだとなんか世間のオファーは

「詐欺オファー」ばかりだという話になっちゃってます^^;

 

そろそろ「内容のしっかりしたオファー」が

どこに眠っているのかお話ししましょう。

 

基本的な話をしますと、

内容のしっかりしたオファーというのは

あまり大々的な募集をかけない傾向があります。

 

だから、大手ASPが扱ってるとか、

メルマガやブログで色んな人がこぞって

紹介してくるということはあまりありません。

 

まあ川島和正さん、みんてぃあさん、だいぽんさんなど、

有名カリスマブロガーの打ち出す案件ならば多くのブロガーさんや

メルマガが紹介しているということは確かにあり得ます。

 

ですが、彼らも基本はASPやメルマガに頼らず、

自分のブログだけで募集をかけていれば十分人も集まるわけです。

 

ちなみに、後で説明しますが「多くの人に人気なブロガー」の

「大規模コンサル」にもちょっとした「問題」があるわけで・・・

 

それは後でお話ししましょう。

 

いずれにせよ、

しっかりしたノウハウほどブログの限定メルマガやコミュニティ限定、

すなわち「完全クローズド」で教えているという場合が多い傾向があります。

 

ちなみに私が情報商材アフィリエイトを学んだのも、

普段表に出ることのないいわば「野良ブロガー」さんで、

その人がクローズドで募集しているコンサルだったわけです。

 

それはともかく、ちゃんとしたノウハウを教えてくれる人が

なぜ「あまり表に出たがらない」のかを解説していきましょう。

 

しっかりしたコンサルやオファーほど表に出ない理由

理由は主に以下の3つ。

 

1、ノウハウを大人数に教えるのはリスキーだから

 

2、その人がビジネスパートナーを集めたい場合が多い

 

3、だから人を選びたい(やる気のない人には参加してほしくない)

 

私が師匠から聞いた感じ、あるいは自分でも実際にコンサル生を

募集しようかという段階になって思った理由が以上の3つですね。

 

1に関して、

当たり前ですが、投資にしろアフィリエイトにしろ、

自分のノウハウをあまり不特定多数にばらまくというのはリスキーです。

 

それが実際稼げるノウハウであればなおさらの話です。

 

たとえば投資について。

 

投資は「稼げる人間も損する人間も」いるから

勝った側は得をすることが出来るわけです。

 

だから、勝つ人が多すぎてもいけないし、

FXやバイナリーオプションで特に言えるのですが、

あまりに勝つ人が増えすぎたら今度は業者も困ります。

 

だから、稼ぎすぎてる人を出禁にしたり、

ストップ狩りを行ってわざと客を負けさせるようなこともあります。

 

特に、ある一つのノウハウが出回って、

多くの人が「利益を上げる」ようになったとします。

 

当然業者はその「手法」で稼ぐ人間が増えたら警戒しますから、

その手法を使うことが出来ないような新たな仕掛けを導入したり、

以前流行った「アービトラージ法」のように狙い撃ちで「禁止」されることもあります。

 

アフィリエイト系のノウハウというのはもっと単純です。

 

自分のサイトの作り方、その集客方法、

それが大勢に真似されたら自分の利益が減る可能性があります。

 

だから、大勢の人にばらまきたくないのは当たり前ですw

 

まあ、私個人の意見としては

「真似してくるなら、彼らよりいいものを作ればいい」

と思っていますし、キャラクターや思想・考え方だけは

絶対誰にも「真似」ができないものだと考えています。

 

だから「個人ブログ」という媒体を私は主力にして

「唯一無二」の「濃い」サイトを目指しているわけなんですが・・・

 

ちょっと話が脱線したので戻します。

 

確かに「管理人」が論を述べるような

レビューサイトは「真似しにくい」ものです。

 

しかし「物販アフィリエイトサイト」や、

youtubeで稼ぐ系の動画というのは、

やっぱり大勢が真似すると危険です。

 

特にyoutube。

 

皆さんはかつてyoutubeを見ていて、

「画像とBGMだけ」のクソつまらない動画が

大量生産されていたことをご存知でしょうか?

 

あれがまさに「稼ぐためのyoutube動画」です。

 

ですが、あの手法があまりに広まりすぎたため、

多くの人が「稼ぎ目的の糞動画うぜー」と思うようになっていますし、

気の利いた人は「利用規約違反」として「通報」してしまいます。

 

結果、youtube系ノウハウをもとに生み出された動画は、

数年前と今で、明らかに削除される数が増えています。

 

だから、本当に稼げるノウハウというのは、

あんまり大勢に公開しても「よくない」わけですし、

公開するにしても重要部分を多数オミットしたうえでの公開になります。

 

あるいは、自分が気に入った人に対してだけ

「少人数」で本物のノウハウを公開するといった感じです。

 

よく考えれば当たり前なのですが、

向こうにとっては「何も」メリットがないのに、

わざわざリスクを冒してまで自分のノウハウを公開するでしょうか?

 

そんな虫のいい話はありません。

 

よく見る「困った人を助けたいんです!(号泣)」

とかわざとらしく抜かしてる人ほど「胡散臭い」わけです。

 

そういう人は、

「大人数に公開しても問題がない程度のノウハウ」や、

あるいは「そもそも内容なんてない金儲け目的のオファー」を、

「自分の利益と出費を計算したうえで出している」わけです。

 

それと同様、

ちゃんとしたコンサルやセミナーを募集する人だって、

「自分の利益が減りすぎず、費用対効果が望める人数」

のみに絞って公開するわけです。

 

2に関して、

そもそもコンサル生をクローズドで募集する人は、

人助けとかそんな綺麗ごとは一切前に出しません。

 

むしろ「自分のコンサル実績作り」とか

「自分の将来的なビジネスパートナーを集めたい」

というようないたって「現実的」な動機が多いです。

 

ありていに言えば、

向こうは間違っても「依存される」ことなんか望まないし、

「WIN-WIN」=「自分も相手も得がある」ものだからこそ、

自分のノウハウを「選んだ人にちゃんと教えよう」と思うのです。

 

向こうも腹に一物秘めている・・・と考えれば嫌かも知れませんが、

「向こうにも利益がある」と分かったうえで「ノウハウを教えてもらえる」という

「利害一致」であるからこそ逆に「信用できる」と言えるのではないでしょうか?

 

私は「悩めるあなたに救いの手を差し伸べます!」とか、

もっともらしく綺麗ごとを言っている人こそ一番胡散臭いと思います。

 

昔私の周りにも「友達だろ?助け合おうぜ?」とか、

別に友達になった覚えもないのに言ってくる奴がいましたが、

もちろん全く信用もクソもあったもんじゃありませんw

 

むしろ「あなたにも得があるし、私にも得があるから組まないか?」

・・・という関係の方がまだ「はるかに信用しやすい」とすら思います。

 

まあ、これは個人の考え方次第ではありますが・・・

 

ついでに3に関して。

 

自分のパートナーを作ろうと思うくらいですし、

やっぱり人の情として「自分に合う人」とか、

「ちゃんと実践してくれる人」を集めたいわけです。

 

たとえば、

下手にオープンで募集して不特定多数を集めたとします。

 

その中には当然いろんな人がいます。

 

・教えてもロクに実践しないのに成果がなければ詐欺だと騒ぎ立てる人

・一方的な「依存」を望むだけの「稼がせてもらう」のが当然な考えの人

・「騙されたふりをして内情を探ってやるぜ!」的な変な方向にやる気が溢れた人

・性格や価値観が合わず、なんかお互い喧嘩になりやすい

 

あなたがコンサル募集をする立場だとして、

こういう人達を集めてみたいと思いますか?

 

私はもちろん、嫌だからお帰り願いますw

 

というか、上記三タイプは

「教えてもそもそもノウハウを素直に実践する気がない」

危険性が高いタイプであり「集めるだけ無駄」です。

 

まあコンサル料だけを納めて「失踪」してくれるのは、

募集側にしたら「ある意味ありがたい」かもしれませんが、

「思ってたのと違った」という一方的な勘違いで「詐欺だ」と

騒ぐような人があまり増えすぎると「損失」になりかねません。

 

だから、ちゃんとしたノウハウを伝授したいと思う側が、

ある程度「人を選ぼう」と考えるのは「当然」なわけです。

 

サポートや指導体制面も「クローズド」が優れている

また、これはおまけ情報なのですが・・・

手厚いサポートや指導を望むのであればなおさら、

「表に出ない少人数制」のコンサルや塾がおすすめです。

 

なぜなら、人が増えすぎるとそれだけ

「指導する方」も大変になってしまいます。

 

結果、一人当たりのサポートが薄くなったり、

予定がなかなか合わず話もできない・・・

なんてことにもなりかねませんよね。

 

だから、「教わる立場」から考えても、

やはり「少人数制で」「クローズドで募集される」

セミナーやコンサルの方がおすすめできるわけです。

 

あ、言い忘れてましたが・・・

 

まともにビジネス内容を教えず、

「参加してから教えます」みたいな怪しいオファーを

陰でこそこそ募集している詐欺もあるので注意です^^;

 

良いオファーの見分け方:でもやっぱり大事なのは・・・中身

色々言いましたが、これらも結局判断材料の一つでしかありません。

 

少人数でもダメな場合はあるし、

大人数でも手厚いサポートをもらえる場合もある・・・

 

ぶっちゃけ詐欺オファーと優良なオファーを見分けるのに、

結局「一番判断材料になる」のは「レターを見る」ことです。

 

LPやセールスレターの内容に怪しい部分や、

明らかに誇張されたような部分はないか・・・

 

これはもう私達が「よく読んで判断」するしかないです。

 

難しいようですが、

一番作り手の人格や知識が表れるのって、

「文章=セールスレター」なんですよね。

 

だから、その人が書いた文章をよ~く観察しましょう。

 

よくレター内で「実績」とか「今の生活」とかを

無駄にベタベタ貼って自慢している人が多いですが、

あんなのは・・・正直参考にはなりません。

 

実績画像なんて正直いくらでも捏造できるし、

警察でもないASPがそこまで審査するのは非常に困難です。

 

だから、その人の知識や考え方が一番色濃く出るもの・・・

 

すなわち「レター」こそ、

相手の顔の見えないネットでは一番の判断材料になります。

 

・・・ただ、これも厄介なもので・・・

 

実際とある投資系オファー主が言ってたのですが、

「レターは外注に丸投げしてるから誇張表現とか言われても俺のせいじゃない」

とか信じられないことを言い出すオファー主もいましたから、

「本人が書いたレターか分からない」場合もあるのが難点です。

 

そんな奴が、自分のレターの誇張表現を棚上げにして

「お前の記事は俺に損害を与えるから消せ」とか言うので、

なかなか理不尽だとは思わないでしょうか・・・w

 

まあ、名誉棄損に当たるような言い回しさえ避ければ

消す云われが全くないのは「公益性」「表現の自由」からも明らかですが。

 

その人は「自分のオファーは客からも感謝されてる!」などと言いましたが、

だったらなおのことノウハウを実践してくれる質の高いコンサル生を集めるべきなのに、

その命になる「レター」を外注に丸投げするというのが私には信じられません。

 

外注任せなレターは誰が作っても似たり寄ったりになるし、

その人の「個性」「信頼性」が全く感じられません。

 

逆に言えば、ちゃんとコンサル生を集めたいのに

そのレターすら外注化してるようなオファー主は

「本当にあんた、コンサル生集める気あるの?」

・・・と、私なら思っちゃいますね^^;

 

※その人曰く、ウケのいい?レターで不特定多数を集めて

最初のセミナーに呼んだうえで「この案件は楽して稼ぐ系じゃありません」

と、しっかり説明して質の高い客だけを取り込んでるみたいです。

 

※ただし、その最初の説明会を兼ねたセミナーは無料・・・

ではなく参加費4千円きっちり徴収しているようなので、

セミナーに合わない層からもお金を巻き上げられるので、

なかなか「販売戦略」としては良いと思いますね(笑)

 

先ほどの話に戻りますが、

私達にしてみればある意味「外注任せのオファー」

というのは非常に分かりやすいかもしれません。

 

なぜなら外注任せなオファーは「個性があまり感じられない」

「他のオファーと似たり寄ったり」なものに、どうしてもなってしまいます。

 

外注任せのレターを見分けるのは恐らく簡単ですし、

そうと分かれば話は非常に早いです。

 

それこそさっきも言ったように「魂込めるべき」

「レター」すら全部「外注」するような人は、

「本気でコンサルをやる気がない」と思っていいです。

 

なぜなら「本気のコンサルのためのセールスレター」を作るときは、

「自分が本当にノウハウを教えていきたい人」を徹底的に意識し、

「自分のオファーで成果を出せるタイプの人」を集めつつも、

「自分と合わない人は排除」していくのが普通だからです。

 

そこで手を抜くということは、

「どうでもいい人が集まってもいい=不特定多数に売り込むのが目的のオファーだから」

・・・という考えが成り立ってしまうわけですよ。

 

私の偏見かも知れませんが、

私も色んなオファー主やコンサルやってる人を見てきましたから、

十中八九、この理論は当たっているのではないかと思います。

 

良いオファーやコンサル募集は、個人サイトやそのメルマガ登録でチェックすべし

ブログ 管理人 個性

さて、ネットビジネスの優良オファーは基本、

「クローズドで」「人を選んで」募集するものだということを言いました。

 

もちろん、ベテランビジネスマンの大手セミナーは

「人数は多くても優良」な場合というのはありますが、

人数が多いセミナーは基本「一人一人へのサポートが薄くなる」

という傾向もあります。

 

そういう場合は結局「自助努力」がかなり必要なことが多いんですよね。

 

だから、丁寧なコンサルや指導を期待する人ほど、

大っぴらに募集するようなオファーは避ける方が賢明です。

 

そこで、私がおすすめなのは

「個人レベルでアフィリエイトや投資をやってる人のブログ」

などを見つけ、その人にアプローチしてみることです。

 

先ほども言ったように、

文章は書き手の中身がモロに出ます。

 

だから、「個人サイトを漁る」という方法は、

「ほぼ絶対その人が書いた文章」を見ることが出来ます。

 

もちろん、投資やアフィリで実際に稼いでいるなら、

それが何となくサイトの雰囲気やら文章に表れたりします。

 

まさか、投資日誌を書いてるだけみたいな個人ブログまで、

わざわざ高いお金を払って外注化するメリットはないですからねw

 

その文章内容を読み、

その知識や人格をよく見極めつつ、

 

・その人に直接問い合わせてみる

・個人メルマガ登録などで情報収集

 

という方法でその人にアプローチします。

 

そこで、コンサル生の募集などをしていないか確かめてみましょう。

 

ついでに、恥ずかしいかもしれませんが、

スカイプ通話なんかでもいいので、

直接相談に対応してくれるとか人なら最高です。

 

あるいは、相談してもらいたいふりをして承諾が得られることを確認し、

直前で「やっぱり都合が悪くなりました!」という感じでカマかけしてもいいですが、

当然これは「マナーに反する行為」になるなので、ほどほどにしましょうねw

 

私自身も「野良の個人で稼ぐ人のブログ漁り」で

私の「師匠」に出会うことが出来ましたので、

しっかり「自分で稼ぐ力」を学ぼうと思うなら参考になるかと。

 

ネットビジネス実践者が教える「優良オファーと詐欺の見分け方」まとめ

キャラ設定

以上、内容を大雑把にまとめれば、

 

・優良オファーやコンサルほど表に出ず、こっそり募集している

・オファーの内容の良否はレターや文章から判断するしかない

・濃い指導をしてくれるコンサルを望むなら稼いでいる個人サイトにアプローチ

 

・・・という感じです。

 

以上、「良いオファーの見分け方、ダメなオファーの見分け方」

ということで、少しでも皆さんのご参考になればと思います。

 

ちなみに、私もメルマガ等やってますが、

特典内容などを見て皆さんなりに「私」という

「アフィリエイター」のレベルを判断してもらっても良いですよw

⇒くろかさのメルマガ登録

 

それでは、今回もありがとうございましたm( )m

 

このブログでは「誰かに頼らずお金を自分で稼いで自由になる方法」を

公開していますので、もし興味があれば、是非他の記事も読んでみてくださいね。

⇒くろかさが実践する「アフィリエイト」基礎講座

⇒ネットビジネスで最低限押さえておくべき法律

 

初心者向けアフィリエイト講座一覧

・RSSの仕組みで「完全自動化」を実現したアンテナサイト

・ブログアフィリエイト初心者の登竜門・トレンドアフィリエイト

・初心者向けなアダルトアフィリエイトの強み

・スキル不要!まとめサイトが初心者にも取り組みやすい理由

・顔出し&声出し一切不要でyoutubeで稼ぐ方法とは?

 

また、「すぐに行動したい!」という方は以下の記事も併せてお読みください。

 

「これ一本から始められる」初心者向けアフィリエイト推奨商材一覧

・当ブログ厳選! アフィリエイト初心者推奨商材一覧

 

質問、疑問等がありましたらご遠慮なくお問い合わせください!

⇒くろかさに連絡する

 

くろかさ公式メルマガ

 

このメルマガでは「PC一台」

「特にスキルや経験もない普通の新卒サラリーマン」が、

「わずか半年ほどで脱サラを達成し」

「金銭的・精神的・肉体的自由を手にした」

その過程と方法を赤裸々にぶっちゃけていこうと思います。

 

普段のブログでは言わない「エグイ」情報も、

このメルマガではどんどんぶっちゃけたいと思います。

 

本気で「賃金労働や不景気に翻弄されない生き方」を

手にしたいという方は「是非」登録することをおすすめします。

 

もちろん

「完全無料」

「いつでも解除可能」

「スパム行為はしない」

これらを守り、良質な情報を発信することを約束します。

 

「脱サラとかできるならしたいけど、自分には無理でしょ・・・」

「特別な才能を持った人間だけができることなんでしょ?」

そんな思い違いは、この無料メルマガで全部「一掃」します。

 

さらに「メルマガ読者限定」で、

「有料商材級」「濃い情報」を詰め込んだ

「スペシャル特典」をお渡しさせていただきたいと思います。

 

☆メルマガ特典紹介☆

全三巻PDFファイル

1巻(78ページ)

2巻(63ページ)

3巻(70ページ)

合計211ページ

【第1巻】「精神・金銭・肉体」すべての自由を手に入れたいあなたへ

・私は「何を」して自由になったのか?

・自由になるための戦略の全体像

・あなたは「いくら」稼ぐ必要があるのか

・金銭的リスクなくお金を稼ぐ方法とは。

・「やっても稼げない9割の人」が誤解していること

 

【第2巻】絶句必至!?お金儲け情報の「怖い裏事情」を徹底暴露

・生きることは「情報戦」

・「情報弱者」と「デマ」

・稼ぐ「本質」に近付く「第一歩」とは

・情報弱者から搾取するネットのオファーの「驚愕の手口」

・ビジネス勧誘で使われる「甘い言葉」と「現実」のギャップ

・お金儲け系詐欺の実態

・雑談:搾取の仕組みと脱出方法

 

【第3巻】ライバルを精神・知識で抜き去る必勝マインド&設計図伝授

・私が個人でお金を稼ぐ方法論とは

・あなたも今すぐ取り組める?ネットを使ったお金儲けの実践モデル

・マインド編:「稼げる人」になるために心得て欲しいこと

・上手くいかない人が100%勘違いしていること

 

以上を読んでいただき、

「自由を手にするための方法」

「自由になるためにあなたが考えるべきこと」

徹底的に学んでみてください。

 

それでは、ご登録をお待ちしております。

*メールアドレス
お名前(ニックネーム可任意)

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ