沢村よしゆき「印税家族」に対する私の意見

くろかさです。

 

今回はちょっと変わったオファーがあったのでレビューしてみます。

 

それが沢村よしゆきさんの「印税家族」という案件です。

 

「印税」と言われると「本を書いたりするのかな?」と思うのですが、

“7秒の作業”で年間2500万円を受け取れるとのことだったので、

普通に本を書くのとは違うようですね。

 

一体、沢村よしゆきさんの「印税家族」では何をするのでしょうか。

 

早速検証してみましょう。

 

沢村よしゆき「印税家族」評判・レビュー

沢村よしゆき 印税家族

特定商取法に基づく表示

販売者氏名 沢村よしゆき
問い合わせ先連絡先 info(こちらにアットマーク)inzei-kazoku.com
商品代金 0円(無料メルマガ配信)

 

沢村よしゆき「印税家族」は電子書籍をツールで出版・・・?

印税といえば、小説や漫画の作者が

作品出版物の売上に応じてもらえるアレですが、

それをたった7秒の作業で完了するとは、一体

どんな裏技を使うのでしょうか。

 

沢村よしゆきさんは「動画の中でそれをすべて明かす」

と言っているのでまずはそれを拝見してみたいですね。

 

しかし、現時点でも「電子書籍」に関係があることは確かなようです。

沢村よしゆき 印税家族

沢村よしゆきさんの「印税家族」は、経験不要、6歳の子供でもできて、

「家族全員でそれぞれ収入を生み出せる」ということをおっしゃっていました。

 

どう考えても、「7秒の作業」で「誰でも」本を書くのは無理があります。

 

「印税家族」では「ARS」なるツールが登場するようですが、

これを単純に「自動的に書籍を作成できるツール」と考えるのは難しいでしょう。

 

もし本当に「自動書籍柵瀬ツール」だとしたら、

そんなツールで作った書籍が本当に売れるでしょうか?

 

多分、そう簡単に売れるわけがありません。

 

何せ、「ツールはあくまでツール」であり、

所詮は機械的な作業しかできません。

 

高度な独創や知性が求められる「著作物」「書籍」を

ツールに作らせるのはどう考えても難しいでしょう。

 

一時流行った「ゴーストライター」じゃあるまいし^^;

 

読者に価値を与えるような書籍でなければ、、

読者はびた一文だって払っちゃあくれません。

 

だから、沢村よしゆきさんの「ARS」は

少なくともそういうシステムではないでしょう。

 

しかし「自分で本を書くのではない」あるいは

他人の書いた書籍を利用する」のだとすれば話は変わります。

 

そういえば、沢村よしゆきさんが動画の中でさりげなく「Facebook」や

「LINE」といった「各種SNS」を使うことを示唆していました。

 

これらのことから、ひょっとすると「印税家族」のビジネスモデルは

「SNS上で電子書籍を色んな人へ紹介して報酬を得る」ような感じで、

そのために「売れる本」を検索・紹介するツールが「ARS」なのかも知れません。

 

しかし、そう考えた場合でも大問題が。

 

まず、これは完全に「アフィリエイト」になってしまいます^^;

 

SNSをアフィリエイトに活かすのは決して悪くありませんが、

SNS上に商品の紹介ページへの誘導を流すにしても、素人が

何も考えずリンクさえ流していれば稼げるほど甘くはないです。

 

露骨に商売目的の書き込みばかりしているアカウントは

他のユーザーからそっぽ向かれますし、アカウント規制の可能性もあります。

 

さらに、電子書籍は報酬単価がせいぜい1000円以下と、

非常に低いため月収30~70万を達成しようと思えば

「300~700冊」かそれ以上の数を売らなければなりませんから、

アフィリエイト案件としては必ずしもおいしいものではありません。

(有名アフィリエイターのだいぽんさんの書籍のアフィリ報酬が確か1000円弱です)

 

さらに沢村よしゆきさんは「アフィリエイト」を「不労収入じゃない」

などと、散々に否定しておられたので、そうではない・・・はずです。

 

動画を全部拝見してからまた追記していきますが、

これまでの考察に限れば、沢村よしゆきさんの「印税家族」は、

どうも鵜呑みに出来ない部分が多いように思います。

 

まあ、沢村よしゆきさんご自身も、

随分と自信がおありのようなので、

「非の打ち所のないコミュニティ」とやらが

どんなものか最後まで見せていただくとしましょう。

 

沢村よしゆき「印税家族」沢村よしゆきさんの考えに賛同できる部分と賛同できない部分

今回は興味深い案件なので、LPを隅々まで読ませていただきました。

 

たとえば、個人的に「そうだよな」と思った部分がこのレターです。

 

サラリーマンや公務員は不思議といまだに「安定」とされているのですが、

正直「誰かの組織の仕組みに収入を依存しなければならない」時点で、

それは収入源として「心もとない」というほかないと思います。

 

参考:

⇒生計を立てる手段として「会社員」がデメリットだらけな理由

 

でも、沢村よしゆきさんの「印税家族」も言ってみれば

「コミュニティ」や「沢村よしゆきさん」という「赤の他人」の

作った仕組みに頼って稼ぐことになってしまうので、正直若干

「ブーメラン」になってしまっている感はありますが^^;

 

何にせよ、「会社や特定の仕組みに所属しなければ生計を立てられない」

というのは「勤め先が無ければ死ねる」ということになってしまいます。

 

一方、たとえば「八百屋」よのうな自営業者は

扱う商品を変えても何かしら「商売」ができます。

 

ただ、お店を開くタイプの自営業者は初期資金が

何百万、場合によっては何千万と必要な場合がありますが、

たとえばネット環境さえあれば起業できる「アフィリエイト」は、

費用がほぼ掛からず、リスクも小さいコスパに優れたビジネスです。

 

アフィリエイトの仕組みをちゃんと理解したい方、

沢村よしゆきさんの言うように「不労所得じゃない」と

言えるのか、以下の記事も参考に判断してみてください。

⇒アフィリエイトとはどんなビジネス?

 

話が逸れましたが、会社がアテにならないなら、このように

「個人の力で何かしら稼ぐ力を身に付けること」が今後重要だと思います。

 

どこもかしこも不景気な日本の会社なんて、まさに沢村よしゆきさんのおっしゃる

「泥船」ですし、公務員・準公務員だって郵政公社のように突然「民営化」され、

気付けば「超絶ブラック」な職場に変わっていたということもあります。

 

私の職場の知り合いは、かつてそれでたまらず退職に追い込まれました^^;

 

さらに、公務員にも人員削減や減給、残業増加の波が押し寄せていて、

一昔前のような「パラダイス」ではなくなっている現実があります。

 

話はそれましたが、私がこれからの時代大事だと思うのは

「自分の力で稼げて、生きられること」だと思います。

 

その点、実は「私」と「沢村よしゆきさん」の認識には若干のズレが生じます。

 

私も沢村よしゆきさんも「会社頼みでは生きていけない」という意見は一致します。

 

しかし「だから自分の力で稼ぐ力を身に付けろ」と思う私に対し、

沢村よしゆきさんは「印税家族の仕組みに乗っかれば大丈夫」

すなわち「沢村よしゆきさん」に頼れば大丈夫だと言うわけです。

 

でも、結局それも「会社」のように、他人に依存しなければ

生計を立てられないことになるので、根本的には何の解決にも

なってませんから「それってどうなの?」と思ってしまいます^^;

 

なので、私個人としては「沢村よしゆき」さんという個人に依存して

「印税家族」だけを頼りに生きるのは心もとないと思いますね^^;

 

また、LPの中でどうしても沢村よしゆきさんのおっしゃることに

どうしても納得できない部分があって、それが以下の文面です。

 

・・・要するに沢村よしゆきさんの言い分では

「俺の印税家族を批判する奴は皆詐欺だ」と言っているわけですが、

考えようによっては、随分と傲慢な言いようですね・・・^^;

 

批判意見なんて、どんなビジネスでもあるのが当然で、

批判することで自分の商品に誘導するなんて、別にどこの企業も

ビジネスマンもやってる「ごく普通の方法」なのに、そんなものに

こうやっていちいち必死に反応しても何の意味もないです。

 

私も経験がありますが、「批判」なんてどこにでも

湧くものですから、いちいち反応しても仕方ないです。

 

結局、沢村よしゆきさんがやるべきことは

「納得できる根拠を私達に提供する」ことだけです。

 

他のブロガーさんはともかく、少なくとも私は視聴者目線で

「ノウハウさえ納得できれば」きちんと良いものは評価します。

 

でも、結局「そうじゃない」ノウハウだからこそ、

「こっちのノウハウの方が明らかに再現性があるよ」と

紹介するだけであって、別にそれ以外何もありません。

 

本当に「根拠のない批判」をするだけのブロガーは、沢村さんが

わざわざ牽制するまでもなく、心配しなくても一銭も稼げていませんよ。

 

だから、沢村よしゆきさんがわざわざLPで「批判意見の牽制」に

走っている部分はちょっと「やりすぎ」感が否めませんね^^;

 

また「サイト運営者が利益を得られるようにわざと批判する」

というド直球なお言葉も、悪いですがちょっと笑ってしまいました。

 

「それ、たった今アンタがやってることだろ!!」

 

人の振り見て・・・ではありませんが、沢村よしゆきさんは

何を警戒しているのか、「ちょっと余計なことを言いすぎ」と思います。

 

また、一番気になったのは以下の文面です。

 

「本当のことを言っていないから顔出ししない」というのは

ちょっとさすがに「へ???」と思うしかありませんね^^;

 

顔出ししてても嘘つく奴は嘘なんか平気でつきますし、

匿名で寄せられた意見でも、本当のことを語っているものは語っています。

 

そもそも、私をはじめ、顔出しや名前公表をしない人の大半は

「余計な人間関係やストレスに煩わされたくない」という理由から

単に顔出しや名前を出していないだけの人も多いですし、積極的に

コンサルをやっている私の師匠も、匿名で運営するブログを持っています。

 

だから、嘘をつく云々と顔や名前の公表は

「沢村よしゆきさんが言うほど関係があるとは思えない」わけで、

「ちょっと何言いだしてるのこの人?」と若干引いてしまいます^^;

 

むしろ、ネット上なら「家族構成や名前」なんかいくらでもねつ造できますから、

「顔写真」「LPに表記される名前」が真実なんて保証は一切ありませんからね?

⇒フリー画像の使用、他人の画像を偽って公開するなど捏造まみれなオファーの例

 

 

そもそも、私だってネット上の情報なんか、頭から信用してるわけではありません。

 

そもそも「相手の実物」が見えないネット上で

「誰か特定の個人を信用する信用しない」などという話を

沢村よしゆきさんがしている時点で「的外れ」だと私は思います。

 

嘘つく人は、顔を出して名前(偽名かも)出してどれだけ体裁を整えていても

しょせん嘘つきだし、いくら胡散臭いヤツでも本当のことを言っていることもあります。

 

だから、情報があふれる中、私達が判断基準にできるのは

「相手の言っていることに合理性はあるか」ということだけです。

 

「合理性や可能性を感じれば納得する、感じなければ納得しない」だけです。

 

たとえば、私の師匠だって、本当に本名を出しているかも分からないし、

顔も出していない「川村よしゆきさんが嫌いな個人ブロガー」の一人です。

 

私は彼のサイトからアフィリ企画を知り、

その人からアフィリエイトを学んで稼げるようになったわけですが、

「師匠という個人を妄信して」師匠のコンサルを受けようと思ったわけではありません。

 

「師匠の話に合理性と納得できる部分があったから乗ろう」と思ったにすぎません。

 

もちろん、コンサルを受けていくうちに私が実際に稼げるようになって

晴れてアフィリエイトで独立し、師匠との個人的な「信頼関係」ができてからは

食事に誘ってもらったりもしましたし、本名なども教えてもらいました。

 

でも、結局個人同士の「信頼関係」なんて、こういう風に

「実績」を通じて徐々に構築していくものではないでしょうか。

 

「顔を出しているから信用できる」「顔を出さないから信用できない」

という沢村よしゆきさんの意見が「的外れ」であることは、この事実からも

明らかだと私は思いますね。

 

つまり、沢村よしゆきさんは「顔を出していない奴は皆嘘つき」

「顔や家族を出している俺は信用できる!だからついてこい!」

という風に、「敵」対「沢村よしゆきさん」という構造を作り出し、

意図的に自分のオファーを良く見せているような節があります。

 

つまり、例えは悪いですが「某チョビ髭独裁者」のように、

自分の言っている「○○はみんな悪だ!」という話の合理性はともかく、

「敵視するべき対象」を作り上げることで自分の支持者を集めるのと

似たような空気を感じますね。

 

もちろん、本人達の主張の大元が「正しいか」という点は二の次。

 

沢村よしゆきさんも、自分の話の「合理性」で信用してもらおうとするのではなく、

私達みたいな個人ブロガーを「批判」「敵視」することで信用を得ようとしています。

 

まあ、具体策もないのに現与党を批判するだけの某政党と同じですねw

 

沢村よしゆき「印税家族」まとめ

まあ、色々述べましたが少なくとも、

沢村よしゆきさんは「感情論」「根拠のない批判」で話を進めているだけで、

「印税家族」に「合理性」を感じるかというと現状ではそうは言えませんね。

 

少なくとも私は「子供でも7秒の作業で大金を稼げる」という

沢村よしゆきさんの「説明」に合理性を微塵も感じません。

 

だから、この案件は現状「おすすめできない」と判断するだけです。

(詳しい情報が入り次第追記をしていきます。)

 

皆さんも、これから色んなオファーやそれに対する意見を

ネット上で見かけることは山ほどあると思いますが、

その中で是非とも注意してほしいことがあります。

 

それが「感情論」ではなく「合理性」で情報を判断してほしいということです。

 

もちろん、「合理的に嘘をつく」人も中にいますから何とも言えませんが、

少なくとも「この人は信用できそう」などという「感情」で「相手の信頼性」を

判断するのは恐らく一番危険なことです。

 

何せ、私達が今いるのは

相手の実像ではなく、ディスプレイに映し出された情報

で相手を判断するしかない「インターネット」なのですから。

 

その中本当に「判断基準」になるのは、

そこに書かれた「情報」が合理的かどうかだけです。

 

以下に、私が「合理的に考えてこれは稼げると思う」情報を載せています。

⇒ネットビジネスで年収1000万超が達成できる合理的な理由

 

皆さんも、「顔も本名も出さないくろかさ」個人が信用できるか云々は置いておいて、

これを読んで「合理性」「納得できる部分」を感じれば、相談してくれればOKですし、

感じなければ無視してくれれば何も問題はありません。

 

これを読んでくれている皆さんは、

きっと「合理性」で物事を判断してくれることを信じています。

 

それでは、今回は沢村よしゆきさんの「印税家族」のレビューでした。

 

今回もお付き合いありがとうございましたm( )m

 

初心者向けアフィリエイト講座一覧

・RSSの仕組みで「完全自動化」を実現したアンテナサイト

・ブログアフィリエイト初心者の登竜門・トレンドアフィリエイト

・初心者向けなアダルトアフィリエイトの強み

・スキル不要!まとめサイトが初心者にも取り組みやすい理由

・顔出し&声出し一切不要でyoutubeで稼ぐ方法とは?

 

また、すぐに行動してみたい方はこちらの記事がおすすめです。

 

当ブログ厳選初心者向けアフィリエイト教材一覧

・当ブログ厳選! アフィリエイト初心者推奨商材一覧

 

質問、疑問等がありましたらご遠慮なくお問い合わせください!

⇒くろかさに連絡する

 

くろかさ公式メルマガ

 

このメルマガでは「PC一台」

「特にスキルや経験もない普通の新卒サラリーマン」が、

「わずか半年ほどで脱サラを達成し」

「金銭的・精神的・肉体的自由を手にした」

その過程と方法を赤裸々にぶっちゃけていこうと思います。

 

普段のブログでは言わない「エグイ」情報も、

このメルマガではどんどんぶっちゃけたいと思います。

 

本気で「賃金労働や不景気に翻弄されない生き方」を

手にしたいという方は「是非」登録することをおすすめします。

 

もちろん

「完全無料」

「いつでも解除可能」

「スパム行為はしない」

これらを守り、良質な情報を発信することを約束します。

 

「脱サラとかできるならしたいけど、自分には無理でしょ・・・」

「特別な才能を持った人間だけができることなんでしょ?」

そんな思い違いは、この無料メルマガで全部「一掃」します。

 

さらに「メルマガ読者限定」で、

「有料商材級」「濃い情報」を詰め込んだ

「スペシャル特典」をお渡しさせていただきたいと思います。

 

☆メルマガ特典紹介☆

全三巻PDFファイル

1巻(78ページ)

2巻(63ページ)

3巻(70ページ)

合計211ページ

【第1巻】「精神・金銭・肉体」すべての自由を手に入れたいあなたへ

・私は「何を」して自由になったのか?

・自由になるための戦略の全体像

・あなたは「いくら」稼ぐ必要があるのか

・金銭的リスクなくお金を稼ぐ方法とは。

・「やっても稼げない9割の人」が誤解していること

 

【第2巻】絶句必至!?お金儲け情報の「怖い裏事情」を徹底暴露

・生きることは「情報戦」

・「情報弱者」と「デマ」

・稼ぐ「本質」に近付く「第一歩」とは

・情報弱者から搾取するネットのオファーの「驚愕の手口」

・ビジネス勧誘で使われる「甘い言葉」と「現実」のギャップ

・お金儲け系詐欺の実態

・雑談:搾取の仕組みと脱出方法

 

【第3巻】ライバルを精神・知識で抜き去る必勝マインド&設計図伝授

・私が個人でお金を稼ぐ方法論とは

・あなたも今すぐ取り組める?ネットを使ったお金儲けの実践モデル

・マインド編:「稼げる人」になるために心得て欲しいこと

・上手くいかない人が100%勘違いしていること

 

以上を読んでいただき、

「自由を手にするための方法」

「自由になるためにあなたが考えるべきこと」

徹底的に学んでみてください。

 

それでは、ご登録をお待ちしております。

*メールアドレス
お名前(ニックネーム可任意)

6 Responses to “沢村よしゆき「印税家族」に対する私の意見”

  1. 白鳥洋子 より:

    パソコン音痴です。
    これから命がけで チャレンジいたしますよろしくお願いいたします。

  2. 匿名 より:

    沢村よしゆきさんは
    本名が白澤慶幸さんです。

    • kurokasa より:

      情報提供ありがとうございます!

      「顔も本名も堂々と出しているから私は信用できる!」と
      散々言っていた方が「実は偽名だった」というのはシャレになりませんねw

  3. まきちょ より:

    最初のノウハウは10万円で高いですが、一応方法は教えてくれます
    それからバックエンドのプラチナブック購入してこちらは返金も全額対応してくれず詐欺でしたが、なんとかこちらで稼げました。

    働かずして日給10万円の新しいワークスタイルが偽りなく実現してます
    ⇒http://ap-asp.com/lp/13527/769789

    • kurokasa より:

      ええと・・・

      人のブログのコメント欄を勝手に
      アフィリエイトに使うのはやめましょうね^^;

      「http://ap-asp.com/lp/13527/769789」
      でググってみたら以下のブログが出てきたのですが、まさかこれ全部まきちょ様のブログですか・・・?


      http://nomadoworldresidence.blog.fc2.com/blog-entry-100.html
      http://whitebambino.blog.fc2.com/blog-entry-125.html
      http://kaseidayoneda.blog.fc2.com/blog-entry-29.html

      更新日も全く同じですし・・・

      まあ、ブログ自体はどうこう言いませんが、
      自分の媒体があるならそこでちゃんとレビューを書いて宣伝しましょうね。

      ところで「http://ap-asp.com」というURLに突撃してみたら、「DRM4.0アフィリエイトセンター」という「佐藤みきひろさん」の「THE FINAL」で打ち出したツール「DRM4.0」と妙に共通点のある名前のサイトが出てきたのですが、これは一体どういうことでしょうか。

      もし佐藤みきひろさん絡みであれば、当サイトで彼の案件が返金騒ぎで大炎上している以上、ちょっと放置できません。

      工作と思しきコメントも沸いていて困っていますので、対応を検討します。

  4. より:

    沢村よしゆきさんは
    本名が白澤慶幸さんです。に加えて家族も全て偽物です。情報弱者から金をむしり取るのが作戦なので印税家族は詐欺です。 この人に騙される人が1人でも減ることを願います。

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ