Youtubeで稼ぐための方法講座(2017年最新版)

くろかさです。

 

アフィリエイト業界において恐らく最も有名な稼ぎ方の一つが

「Youtuber」と呼ばれる人々に代表されるような「動画」を

使った稼ぎ方でしょう。

 

「ヒカキン」さんのような「youtuber」は、動画一本あたり

数百万回もの再生数を叩きだし、それらの動画から入る

広告収入で凄まじい年収を得ているような状況です。

 

しかも、別にヒカキンさんのように「顔出し声出し」せずとも、

youtubeでは「再生数を稼ぐ方法」なんていくらでもあります。

 

そういった手法を駆使し、動画の内容は度外視でとにかく

「稼ぐ」ことに特化してyoutubeを利用する人も急増しました。

 

これらについては後で説明しますが、

とにかくyoutubeというのはかなりお手軽に稼げて、

「動画を投稿して放置しているだけ」で稼げるので、

今なお人気のアフィリエイト手法の一つではあります。

 

なので、

世間には「youtubeで稼ぐためのノウハウ」が

大量に出回る、という現象も起こりました。

 

2015年あたりが、youtubeノウハウが

最も盛り上がった年だったかもしれません。

 

・・・が、その一方で近年「youtube」を

巡る事情は大きく変わり始めます。

 

それが「アドセンス取得難化」「削除基準強化」

などといった「運営」による「大量粛清」の時代の到来です。

 

これにより、今まで稼ぎ目的で質の低い動画を上げまくっていた

「稼ぎ目的のyoutuber」は一気に一斉削除やアカウント凍結を受け、

どんどん淘汰されてしまいます。

 

さらに、2016年に「Googleアドセンスの取得が難しくなった」

という事件も発生しています。

 

具体的には無料ブログによるアドセンス申請が不可になったこと、

これまで言われていた「10記事、1000文字程度」という

審査用ブログの基準も大幅に改変されたらしく、新規参入を

図った多くの人が挫折することとなりました。

 

また、アドセンス収入単価の下落が起こったりといった出来事も

youtube市場における先行者・後発者すべてに影響を与えました。

 

こういった情勢の変化によって、こういう風評も流れ始めます。

 

「Youtubeはもう稼げない」

 

そんなこんなで、現在youtube市場は「下火」に

なりつつある、というのが一般的な認識です。

 

・・・が、正直、

「youtubeがもう稼げない」と言うのは早計であり、

「やりようによってはまだまだ稼げる」市場です。

 

そもそも「もうyoutubeは稼げない」という風評を

流している人は基本的に「削除」「アカウント凍結」を

喰らってしまったタイプの人達であることが大半です。

 

削除される理由なんて当たり前で、

「規約に触れるor規約ギリギリの穴を突いてやってきたツケがきた」

というだけのことに過ぎず、今までむしろ消されずに済んでいた

ことが幸運だっただけにすぎません。

 

「規約の穴」を突いているだけであれば、

「いずれその穴は埋められる」だけなわけです。

 

本来ならば「消されても文句は言えない」だけのことを今まで

やりまくってきていたんですから、通用しなくなるのは当然です。

 

要は、最近の「youtubeはもう稼げない」と言ってる人の大半は

「他人の動画を法に触れないギリギリで丸パクリする」系の

「グレー系」に依存して収益を出してきた人たちなのであって、

「方法を変えれば」全然youtubeは「まだまだ稼げます」。

 

なので、今回は最近の傾向も踏まえて

「youtubeで稼ぎ続けるための」基本・考え方の本質

および「ちょっとした実例」を紹介して行こうと思います。

 

2017年最新版・Youtubeで稼ぐための方法講座

youtube 稼ぐ 2017

 

Youtube収益化の基本:GoogleアドセンスとYoutubeアカウントを紐づけて収益化の準備をしよう

まずは、Youtubeで稼ぐことについての

「基本」を解説していきたいと思います。

 

「動画」を収益化するには、ただ動画を投稿して、

それが再生されさえすれば勝手にお金がもらえるわけではありません。

 

まずは「Googleアドセンス」というクリック型広告と

私達の「youtubeアカウント」を「紐づけ」することによって、

まずは「収益が発生する仕組み」を作らなければいけません。

 

つまり、

「あなたの動画が再生されたときにアドセンス広告が表示される」

ように設定をする=収益化されるための仕組みを作るわけですね。

 

実際に動画に表示されるアドセンス広告はこんな感じです。

 

そして、動画に表示される広告を視聴者がクリックしたり、

最後までCMを見たりすることで私達に収益が発生するわけです。

 

収益化を進めるにあたって、まずは当然ながら

「youtubeアカウント(およびあなたのチャンネル)」

「Googleアドセンスアカウント」

 

チャンネル↓

 

↓アドセンス

まず最初にこの二つを取得しなければなりませんね。

 

まとめると、

「youtubeアカウントおよびチャンネル」「アドセンス」を準備

アドセンス広告があなたの動画に表示されるようチャンネルとアドセンスを設定

youtubeにおける収益化の準備完了

 

・・・という流れになります。

 

ここではあくまでYoutubeで稼ぐ「基本」を解説しているので

それぞれの詳しい取得手順・設定方法などは別の機会に解説したいと思います。

 

ここでは「Youtubeを収益化する仕組み」の全体像についてお話ししますね。

 

次に、こうやて収益化した「youtube」が、実際どのくらい稼げるのか?

という点について、まずはお話ししていきたいと思います。

 

Youtube収益化の基本:どのくらいの再生数でいくらアドセンス収入が稼げる?

さて、「Googleアドセンス」を利用したいわゆる

「youtubeアフィリエイト」では、どのくらい再生されれば

どれくらい稼げるのか?という部分を考えてみましょう。

 

これに関してよく言われるのが

youtubeの収益(¥)=再生数の約1割

という数字です。

 

ただし、この数字が最近「減っている」という噂もあります。

 

以前の1再生=0.1円が、

今では1再生あたり0.02円という噂もあります。

 

これは、某有名youtuberが発言したために急速に広まった噂ですが、

肝心のGoogle側は黙秘しているため、詳細は不明だったりします。

 

多くのyoutuberが「被害報告」を出しているので、

かなり精度の高い情報ではあると思いますが、人によっては

「変わらない」と言っている人もいたりと、憶測が飛び交っています。

 

さらに、Googleが「このタイプの動画は気に食わん」みたいな感じで、

動画ジャンルごとに報酬を大幅に下げたり、逆に上げたりしているという

話もありますから、全員が下がったというわけでもないようです。

 

なので、今回は一応これまで通り「0.1円」相場で話を進めます^^;

 

たとえば、月10回再生されて月1円、月1万回再生されて月1000円、

月100万回再生されて月10万円稼ぐことができるといったところです。

 

1日に300人くらいしか観ないような動画でも、

300本集まればトータルで「月300万再生」を達成しうるわけです。

 

月300万で月収30万ほどですから、ここまで来ると

一人の生活費くらいは普通に賄えるレベルになってきますね。

 

「月100万再生」と言うと多そうに思えるかもしれませんが、

これは別に「一本の動画だけ」で達成するわけではありません。

 

「月1万回再生される中堅動画」を100本上げればそれでいいわけです。

 

要は、ヒカキンさんのように大ヒット動画を上げられなくても、

1動画あたりの再生回数が稼げなくても別に構いません。

 

しかも、これらの動画は消されない限りずっとネット上に存在し続けます。

 

だから、動画を上げてあとは放置するだけです。

 

ブログのような「メンテナンス」すら不要で、

200本で月20万、300本で月30万と、

動画をアップするだけどんどん収益が積み上がっていきます。

 

1本の動画で月1万回再生ということは、

日割りで計算すると1日約300再生といったところです。

 

私のブログの「1日のPV数」の半分くらいの数字です。

 

私の実践ジャンルは、トレンドブログや2chまとめのような

1日何千何万というアクセスは集まりませんし、不要ですが、

そんな「割とマイナーなジャンル以下」の閲覧(再生)数でも、

動画は「数さえ重ねれば」どんどん収益を上げていくことが可能です。

 

しかも、動画が増えれば増えるほど

「単純なユーザー人数」の「必要増加数」は減っていきます。

 

つまり、動画1本だけなら「1日300回観てもらう」ためには

「300人」のユーザーを集め、動画を観てもらわなければなりません。

 

が、「動画数本」を上げれば「150人」程度の視聴者が

集まっただけでも「300再生」が達成可能になり得るということです、

 

なぜなら、作った動画の関連動画にも関連タグの設定などで紐づけし、

アクセスを流して循環させることで、1ユーザーあたり2~3本

あなたの上げた動画を観てくれる可能性があるからです。

 

つまり、実質ユーザー数では「300人に満たない」としても、

「1日300再生」という「ノルマ」は達成できるというわけです。

 

つまり、一本動画上げたらその関連動画をいくつも上げて、

1ユーザーが複数「あなた動画」を視聴してくれる仕組みを作れば、

「1日の目標再生数」を達成するために必要な「ユーザー人数」は

減っていくわけです。

 

つまり、この要領で「動画100本」を上げてアクセスを循環させる

仕組みを作れば連鎖的に動画の再生数は伸びていき1万再生、10万再生、

100万再生も、1ユーザーあたり何本も動画を観てくれる仕組み化を

することによって案外「普通に達成可能」になってくるというわけです。

 

「1日300だけでも再生される動画をたくさん作る」

「関連動画を増やしてそこにもアクセスを流していく」

「そうすることで実質ユーザー数は少なくて済む」

 

だんだんyoutubeで「月10~30万」稼ぐ

「展望」が見えてきたのではないでしょうか?

 

実際、動画をたくさん作っていれば「1日300再生」どころか、

もうちょっと伸びる動画というのもたくさん生まれますから、

慣れてくれば100本で30万円稼ぐことも可能になってきます。

 

さて、ここでまずyoutubeで稼ぐ原則として覚えておいてもらいたいのが

 

・ヒット動画を作る必要はなく1月1万再生レベルの動画をたくさん作る

・それらの動画のジャンルは合わせ、関連タグとキーワードで紐づけする

・そうすることで1ユーザーが複数の動画を観てくれる仕組みを作る

 

まずはここを押さえておきましょう。

 

youtubeで再生回数を稼げる動画は「顔出し」「声出し」が必須ではない

で、続いて「どういう動画なら1日300回程度は観てもらえるか」

という観点から動画を作っていかなければならないわけですが、

「youtuber」のイメージから「声出し」「顔出し」が必要だと

思ってしまうかもしれませんが、そんなことは全くありません。

 

これは言うまでもなかったかも知れませんが、

実際にyoutubeを覗くと「顔出し」「声出し」していないけど

そこそこ再生されている動画なんてたくさんありますよね?

これなんかは、本当に1カ月程度前に投稿したてホヤホヤの動画ですが、

すでに1カ月未満で15万再生もされていることが分かります。

 

さっきの「ノルマ」の計算で行けば、この動画だけで

「15本分」の仕事をしているわけですから大きいですよねw

 

で、この動画というのは「アンパンマンの舞台イベント」を

ただ「普通に撮影しただけ」の動画に過ぎません。

 

当然顔出しも声出しも一切していません。

 

ただ撮っているだけです。

 

こういう動画は、実を言うと「子供をあやす」

「泣き止ませる」方法として結構需要があるとのことです。

 

また、もっとすごいのはこれ。

 

 

ただ「ガムボールマシンのおもちゃ」を開封し、

実演してみているだけの「5分半」の動画でしかありません。

 

それが4600万回再生。

 

もし収益化済みなら、この動画1本だけでも

累計200~400万円以上は稼いだ計算ですね^^;

 

これは「ガムボールマシン」というものが結構海外の人には

物珍しい部分があるらしく、大ウケしてしまった結果、

こんな凄まじい再生数を叩きだしたとのことです。

 

さらに、無料メルマガ特典ではこれよりもっと凄まじい再生数を

叩き出した動画なんかも紹介しているので、是非ご覧ください。

 

その動画はぶっちゃけ「アホでもできる」しょうもないことを、

顔出しせずやっているだけの「意味不明な動画」です。

 

このように、別に凄い面白い動画を撮ったり、顔出ししなくたって

再生数は「ツボ」さえ押さえれば案外簡単に稼げるものなのです。

 

後は「ひらめき」と「運」次第といったところでしょうか^^;

 

以上の話から「youtubeで稼ぐイメージ」が、

だんだん掴めてきたのではないでしょうか?

 

しかし、youtubeでしっかり稼ぐには、

もう少し「知っておくべきこと」があります。

 

それが冒頭でちらっとお話しした「規約」「削除」についてです。

 

知らないと超危険!!Youtubeで動画やチャンネルが削除される原因とその対策

youtube 削除

youtubeはもう稼げない論に惑わされるのはもったいない?

2015~2016年は、ある意味youtube市場が「震撼」した年でした。

 

その二年で

「アドセンス広告単価の減少」

「アドセンス取得難化」

「動画削除の強化」

という3つの「波」が一気に押し寄せてきました。

 

しかし、これらの事実をもって安易に

「youtubeはもう稼げなくなった」と言うのは早計です。

 

事実、「youtubeチャンネルを売却する」と騒いでいた

某有名youtuberですらその年「600万円」という

かなりの収入を上げていたわけですし、実際今でも

「稼げてる人は稼げてる」というのが事実としてあります。

 

参考:

現役でyoutubeアフィリエイトで稼ぎ続ける「小西和夫さん」

という方がこれからのyoutubeで長く稼ぐための教材を出しています。

⇒小西和夫 YDC(ユーチューブディクショナリークラブ)

 

実際、人や動画のテーマによっては

「広告単価は別に下がってないしむしろ上がってる」

という方もおられますしね^^;

 

この真偽とyoutube・Googleの意図については

後日考察記事でも書いてみようと思っていますが、

いずれにせよ今回言いたいことははっきりしていて、

 

「youtubeはまだまだ稼げるし、むしろグレー系でインチキして

稼いでいた人が一斉に粛清された今こそが初心者参入のチャンス」

 

・・・だということです。

 

これまでの「規約の穴を突いてインチキしてでも稼ぐ」風潮が

通用しなくなって「削除や規約に最大限配慮できる人が稼げる

という風潮変わりつつあるだけだということですね。

 

なので、今からyoutubeに参入、もしくは再度挑戦したい方は

「どうすれば消されないか」という部分をしっかり把握しつつ、

「どうすればyoutube運営に好かれるか」という点まで考えて

チャンネル運営をしていかなければなりませんよね。

 

そこさえ押さえれば、少なくとも「youtubeはもう稼げない」

なんて騒ぎ立てる必要もありませんよね。

 

youtube市場もそうですが、

例えば「投資」でこういう「落ち目」と言われる時期、

多くの人は「二つ」の行動パターンに分かれます。

 

一つは、その「不景気」で株や通貨を全部売って

早々に「損切り」しつつあとは何もしない人。

 

そしてもう一つは、損切りする部分はちゃんとしつつ、

「どん底の今買っておけば回復した時の恩恵にあずかれる」

という考えの元、「どん底だからこそ買い時」だと考える人。

 

言うまでもなく、どん底の最安値で株や通貨を貯め込んでおいた

「後者」は、ささいな景気回復でも大きな利益にあずかれます。

 

これと同じで、youtubeも「どん底」でライバルがいなくなった

今こそが「参入するとき」とも言えるのではないでしょうか?

⇒成功者は「周りに流されない」

 

恐らく、今はyoutubeやGoogleも、

質の低い「youtuberもどき」を一掃するためにあえて

規約を厳しくし、広告単価を下げている面が見られます。

 

今が「どん底」だと考えれば、ゴミ動画が掃除された後で

「しれっと単価を元に戻す」という可能性もありますよね。

 

(実際、単価が下がっていない人もいるようですし、

動画の質やユーザーによって単価を変えているとも言われます。)

 

だから、今のうちにyoutubeに参入して

「今から消されず稼げるタイプの動画」を先取りで上げておき、

今のうちに「先行者利益」を確保しておけという考えですね。

 

やや話が逸れましたが、ここからはそういうことも視野に入れて

「これからのyoutubeで勝ち残るため」必要な要素をいくつかお話ししていきます。

 

動画の削除基準には「著作権」と「youtube独自の削除基準」が存在する

まず初めに理解してほしいのですが、

Yotube運営側の「削除基準」には

 

・著作権など、法的根拠に基づく削除基準

・法とは関係ない「youtube独自」の削除基準

 

という、2つの基準があります。

 

よくyoutubeで問題になる「無断転載」

「著作権侵害」というものがありますよね?

 

多くの人は、youtube動画の削除基準はこの「著作権」

「だけ」だと思っている人が多く、それさえ守っていれば

何も問題はない、と考えてしまいがちなのですが・・・

 

実はそれは「大きな間違い」なんですね。

 

著作権を守っている、あるいは「ギリギリ法に触れない動画」でも

バンバン削除されてしまうことは、ぶっちゃけ「普通にあります」。

 

一部の人や商材が言うように「法律に触れなければOK」という

考えのもとでyoutubeアフィリエイトに取り組んで大火傷した人は

枚挙にいとまがありません。

 

そもそも、音楽CDや商品を丸ごとアップロードでもしない限り

「著作権」そのものが原因で削除されることはそれほどありません。

 

そもそも、著作権というのは基本的に「親告罪」です。

 

なので、「侵害された当事者」からの「依頼」が無ければ

「著作権違反」で削除するわけには行かないわけです。

 

よく、CDやアニメの動画を丸ごとアップしている動画が

「●●社の権利者依頼により削除されました」みたいな表示が

出ていることがありますが、あれがまさに著作権そのもので消された動画です。

 

しかし、実際はそれ以外でも「バンバン消されまくっている動画がある」わけですよね?

 

それがつまり、「法律を守っているか以外にも、

youtubeが独自に定めた削除基準」というものが

存在しているという「証拠」でもあるわけです。

 

ここを見落とせば、いくらホワイトな動画であっても

いともたやすく「消される」という事態になりえます。

 

では、この「youtube独自の削除基準」というものが

どのようなものなのかをお話ししていきますね。

 

違反報告⇒youtubeに「無断転載」と認識されて消されるパターンが多い

ご存知の方も多いかも知れませんが、

youtubeには「報告」という機能が存在します。

 

実は、youtube動画の「削除」で多いパターンが

 

ユーザーから「違反報告」を喰らう

youtubeがそれをきっかけに動画を確認

youtubeにも「転載」と認識される

動画が消される

 

というものです。

 

この削除パターンの怖い所は、

「実際は法律すれすれの引用」という言い訳は一切通じず、

「youtubeが違反だと認識したから」消されるというところです。

 

要は、ライバルを蹴落としたい意地悪なユーザーが根拠もなく

適当な理由で「違反報告」をして、youtubeに目を付けられるだけでも

「動画が消されてしまう」危険性があるというわけです。

 

そもそも「法律」なんて国によって違いますから、各国ごとに

「基準」を設けて削除すべきかどうかをいちいち精査するのでは

youtube側だってキリがありませんから、ただ「機械的」に削除するだけです。

 

なので、私達が意識すべきは「法律」はもちろん

「youtubeの削除基準」に引っかからない動画を作ることです。

 

しかし、ここでは「削除されない」だけではなく、

そこから一歩踏み込んで「youtubeが好む動画」となるために

必要な「一番大事な要素」を敢えて挙げておきましょう。

 

それが

・オリジナリティのある動画

・視聴者にとって「価値」がある動画

 

であり、これらを満たしている動画というのは

「そうそう消されることはない」わけです。

 

では、この二点を満たす動画というものがどんなものか、

いくつかの「具体例」を挙げながら説明していきますね。

 

これから生き残る動画のカギは「オリジナリティ」と「視聴者のためになること」

・オリジナリティのある動画

・視聴者にとって「価値」がある動画

 

これが、これからのyoutube実践において

最も重要なポイントになることでしょう。

 

これは決して単なる憶測で言っているわけではなく、

Googleアドセンスの取得厳格化、youtubeの削除強化の背景一つ取っても、

「コンテンツの質を重視したい」「質の低いコンテンツは消えろ!」

というGoogleやyoutubeの「方針」というのは「火を見るよりも」明らかです。

 

これまで、稼ぎ目的で質の悪いコンテンツがあまりに多くアップロードされ、

ネット上のコンテンツ全体の「質」の低下が大いに問題になっていました。

 

動画と見せかけて、「画像と文章の垂れ流し」のような

「それ動画でやる意味なくないか?」みたいな、あまりに

しょぼい動画が蔓延し、おまけにそれがとんでもない数になっているわけです。

 

あまりにしょぼいコンテンツばかり揃っていては、

「youtubeはもうまともな動画がない」と認識されて

ユーザー離れの原因にもなりますよね。

 

さらに、先程言った「アドセンス広告の単価減少」は、一説には、

こういう「さほど宣伝にもならない稼ぎ目的のコンテンツ」が増え、

Google離れを起こす企業が増えているためだとも言われます。

 

逆に言えば、youtubeは「質の高いコンテンツ」

「ちゃんとユーザーが見てくれてる動画」が揃えば

「復権」の可能性があるわけです。

 

もっと言えば、ちゃんとしたコンテンツを投稿するユーザーには

「優遇報酬単価」を与えている可能性があることは既に述べました。

 

話が逸れましたが、いずれにせよ、

これからyoutubeで勝ち残るためには、これまでのような

「法律や規約の穴を突いたクソコンテンツ」ではダメで、

動画そのもののクオリティは直接かかわらずとも、

 

・オリジナリティのある動画

・視聴者にとって「価値」がある動画

 

等の要素が、今後より一層重視されるということです。

 

youtubeに好まれるのは「撮影型」の「オリジナリティのある動画」

動画投稿において、恐らく最も

「オリジナリティ」を出せるのは「自己撮影型」の動画でしょう。

 

これは別に「顔出し・声出し」が必須というわけではなく、

先にもお見せした「ガムボールマシン」「ライブ映像」の類でも

「自分の手で撮影した動画」というのは「オリジナル」と判断しやすく

消されるリスクが低く、かつyoutubeからも好まれるタイプの動画です。

 

たとえば、あなたが撮った写真を徐々に変化させていく

「アハムービー」みたいな遊び要素のある動画を作っても良いですし、

「100金で買える人形」と「音声ソフト」を組み合わせて、

ちょっとした「人形劇」を作るのも「オリジナリティ」です。

↓例

これなら、別にわざわざアイドルのライブイベントに

出かけなくたって自宅でほぼ完結できる作業ですよね?

 

オリジナリティ+「視聴者に役立てる」ことを意識すればyoutubeはほぼ安泰

さらに、これはアクセス数にも密接にも関わってくるので

今更言うまでもないことかも知れませんが、今後作る動画は

「ユーザーの役に立つ内容」を意識していくことが重要です。

 

いくら同じ「オリジナル」の動画でも、中身が

暴言とヘイトスピーチにまみれた嫌われまくりの動画では

そもそもアクセスは集まらない(炎上という意味では集まるかも)

でしょうし、削除されるリスクも高い種類の動画です。

 

※先程言及した「某有名youtuber」も、実を言うと動画で

個人攻撃のようなこともやっていて炎上を引き起こしており、

それがyoutubeに嫌われた可能性は否定できませんね^^;

 

それよりも、たとえば先程の例で挙げた人形劇や

日本と外国の文化の違いを示すような動画、あるいは

「脳トレ」的な動画などでも示したように、

ただオリジナルな「だけ」の動画を作って投稿するのではなく、

そこに「もうひとアクセント」加えることを意識して欲しいのです。

 

この「アクセント」というのは、言い換えれば

「動画の付加価値」「ユーザーに何かしら役立つ内容」です。

 

たとえば、人形劇や子供向けライブイベントの動画というのは、

子供をあやす効果があるということで、全国のママ&パパには

かなり需要のある動画のタイプとなっています。

 

このタイプの動画の簡単な作り方については、

以下の教材が非常に詳しいので、興味がある方はご覧ください。

⇒小西和夫「YDC」2017新たな王道youtubeノウハウ

 

そこまで行かなくても、経済やニュースに関する動画には

自分の意見や考察を載せて「ためになった」と、視聴者に

思ってもらえるような要素を加えるなどでも構いません。

 

とにかく言いたいのは、youtube側だって馬鹿じゃありませんから、

「意味もなく、需要もない動画を放置はしない」ということです。

 

以上、これから勝ち残れる動画の条件をお話ししていきましたが、

突き詰めて考えるとGoogleアドセンスの取得が難しくなったことと

整合性がきちんと取れる話です。

 

たとえば、無料ブログでアドセンスが申請できなくなったことについては

「完全無料でアドセンスだけ取るような奴は、手抜き動画を量産しまくる」

ということがあったからこそ、そういう人を排除したいと読み取れます。

 

また、アドセンス申請用ブログも最近は「ただ書いているだけ」

みたいな「適当ブログ」は全く審査に通らないと言います。

 

一方「何かユーザーの役に立つ情報が含まれたブログ」は

逆に「審査に通りやすい」と最近は言われています。

 

要は削除にしろ審査基準にしろ、これらの事実から、

「これからはコンテンツの質・有用性を重視しますよ」という

一貫したGoogle・youtube運営側からのメッセージが読み取れますよね?

 

結局、これからのyoutubeで勝つためには、繰り返し強調するように

「動画の付加価値」「有用性」あるいは「質」を重視して動画を作るべきなのです。

 

以上、2016、2017年以降を視野に、

「これからのyoutube」で稼ぐための考え方と

「戦略の一部」をお伝えしてきました。

 

これからのyoutubeのカギは結局「王道」を守ること!

いかがだったでしょうか。

 

これを見ると、別に「youtubeが稼げなくなった」と騒ぐのは

まだ早いということが分かるのではないでしょうか。

 

これまでのyoutubeの規約は、むしろ「緩い」方だと言われていて、

それが災いして「手抜き動画」「そもそも動画と言っていいかすら怪しい」

「ただアフィリ広告目的だけの」動画が溢れかえる事態になりました。

 

それがユーザー離れやスポンサー離れといって、

youtube自身のダメージにも繋がっているわけですから、

これを排しようというのは当然の行動になるわけです。

 

だから、これまで「グレー系ノウハウ」頼みの報いを受けた

人達が「稼げない」と言っているのを鵜呑みのするのではなく、

これからは「どう勝ち残っていくか」「どう変化に対応するか」

ということを考える方が建設的なのは言うまでもありませんよね?

 

そのためには「王道」をきちんと理解しておくことです。

 

「邪道」というのはそもそも「王道」を理解した上で、

それを逸脱しない範囲に行う分には構わないのですが、

頭のてっぺんからつま先まで「邪道」「グレー系」だけで

勝ち残っていこうというのは甘い考えだというわけです。

 

一方、youtubeの「意図」「好み」を予め知っておくことで、

こらからyoutubeがいかに変化しようともその「軸」は変わりませんから、

恐らく一生通用するはずだということは何となくでも理解できるはずです。

 

いずれにせよ、

これからは「ただ再生数さえ稼げば良い」という考えではなく

「オリジナリティ」「視聴者に価値を与える」ことを意識して

「本当に長く稼げるノウハウ」を身に付けることを意識しましょう。

 

以下に、現在もyoutubeで収入を上げ続けている

「小西和夫さん」が新たに打ち出した教材を挙げておきます。

 

今回の話を受けて、

「もっとyoutubeで安定的に稼げるノウハウを身に付けたい!」

という方は是非一度ご覧になってみてくださいね。

⇒小西和夫「YDC」2017新たな王道youtubeノウハウ特典付きレビュー記事

 

それでは、今回は「今後長く稼いでいくためのyoutube戦略」でした。

 

ここまでお付き合いありがとうございました。

 

以下は、youtube以外のノウハウに関する関連記事ですので、

youtube以外の稼ぎ方に興味のある方は是非ご一読ください!

 

 

初心者向けアフィリエイト講座一覧

・RSSの仕組みで「完全自動化」を実現したアンテナサイト

・ブログアフィリエイト初心者の登竜門・トレンドアフィリエイト

・初心者向けなアダルトアフィリエイトの強み

・スキル不要!まとめサイトが初心者にも取り組みやすい理由

 

また、すぐに行動してみたい方はこちらの記事がおすすめです。

 

当ブログ厳選初心者向けアフィリエイト教材一覧

・当ブログ厳選! アフィリエイト初心者推奨商材一覧

 

質問、疑問等がありましたらご遠慮なくお問い合わせください!

⇒くろかさに連絡する

 

くろかさ公式メルマガ

 

このメルマガでは「PC一台」

「特にスキルや経験もない普通の新卒サラリーマン」が、

「わずか半年ほどで脱サラを達成し」

「金銭的・精神的・肉体的自由を手にした」

その過程と方法を赤裸々にぶっちゃけていこうと思います。

 

普段のブログでは言わない「エグイ」情報も、

このメルマガではどんどんぶっちゃけたいと思います。

 

本気で「賃金労働や不景気に翻弄されない生き方」を

手にしたいという方は「是非」登録することをおすすめします。

 

もちろん

「完全無料」

「いつでも解除可能」

「スパム行為はしない」

これらを守り、良質な情報を発信することを約束します。

 

「脱サラとかできるならしたいけど、自分には無理でしょ・・・」

「特別な才能を持った人間だけができることなんでしょ?」

そんな思い違いは、この無料メルマガで全部「一掃」します。

 

さらに「メルマガ読者限定」で、

「有料商材級」「濃い情報」を詰め込んだ

「スペシャル特典」をお渡しさせていただきたいと思います。

 

☆メルマガ特典紹介☆

全三巻PDFファイル

1巻(78ページ)

2巻(63ページ)

3巻(70ページ)

合計211ページ

【第1巻】「精神・金銭・肉体」すべての自由を手に入れたいあなたへ

・私は「何を」して自由になったのか?

・自由になるための戦略の全体像

・あなたは「いくら」稼ぐ必要があるのか

・金銭的リスクなくお金を稼ぐ方法とは。

・「やっても稼げない9割の人」が誤解していること

 

【第2巻】絶句必至!?お金儲け情報の「怖い裏事情」を徹底暴露

・生きることは「情報戦」

・「情報弱者」と「デマ」

・稼ぐ「本質」に近付く「第一歩」とは

・情報弱者から搾取するネットのオファーの「驚愕の手口」

・ビジネス勧誘で使われる「甘い言葉」と「現実」のギャップ

・お金儲け系詐欺の実態

・雑談:搾取の仕組みと脱出方法

 

【第3巻】ライバルを精神・知識で抜き去る必勝マインド&設計図伝授

・私が個人でお金を稼ぐ方法論とは

・あなたも今すぐ取り組める?ネットを使ったお金儲けの実践モデル

・マインド編:「稼げる人」になるために心得て欲しいこと

・上手くいかない人が100%勘違いしていること

 

以上を読んでいただき、

「自由を手にするための方法」

「自由になるためにあなたが考えるべきこと」

徹底的に学んでみてください。

 

それでは、ご登録をお待ちしております。

*メールアドレス
お名前(ニックネーム可任意)

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ