おとぎ話ではない!「ネットビジネスで年収1000万超」が簡単に達成できる本当の理由

くろかさです。

 

「年収1千万なきゃ結婚はムリ~」とか、テレビでほざいてる言っている

タレントさんがいるのは、恐らく皆さんも見たことがあると思います。

 

ただ、最近は年収1000万プレイヤーの夫婦でも

「年収に不満」を持つ女性がいるそうですね^^;

 

まあ、この話を書いていたのが「大手就職サイト」の

ニュースだったので、そこはある種の情報操作を感じますw

 

何にせよ「年収1000万」というのは今なお多くの人が

「あこがれる」ラインであることは間違いないのではないでしょうか。

 

でも、現実はそう甘くないはずです・・・^^;

 

「年収1000万」は、現代日本では「夢のまた夢」?

私の元職場は比較的大きな組織でしたが、そのトップ層でも

年収はせいぜい800~900万あれば最高クラス。

 

それ以下の課長や中堅職なんて400~500万あれば良い方。

 

下っ端なんか、年収300万ちょい(手取り込み)が当たり前です。

 

こういう会社が今はほとんど「当たり前」です。

 

贅沢な生活に興味のない私のような人種ならその程度あれば

全然かまわないのですが、問題は「残業時間」でしたね・・・w

 

時給換算したら「バイトの方がマシ」な職場というのも

今は「そこらへんにゴロゴロしている」ようなご時勢です。

 

なんでも「ワーキングプア」の定義は「働いていても年収300万以下」

なのだそうですが、その理論で行けば、現代の多くの若者はその多くが

「働いていても貧困=ワーキングプア」の一歩手前になるわけです^^;

 

皆さんは、『クレヨンしんちゃん』の「野原ひろし」をご存知でしょうか?

 

車や家の塀を壊されて「ああ~!ローンが32年残ってるのに!」と言ったり、

「ウチは貧乏だから」と、しんのすけに皮肉られたり、作中設定では明らかに

一貫して「貧乏一家」として描かれていますよね?

 

が、具体的な数字が明らかになった野原ひろしのスペックに、

多くの人が「え?ひろし普通に勝ち組じゃね?」と愕然としたのですw

 

30代(前半?)で係長

係長クラスで年収600万クラス

作中描写ではほぼ毎日夕方に帰宅できるホワイト企業

ローン持ちとはいえ、2階建てマイホームマイカー持ち

奥さん(みさえ)&2子(しんのすけ・ひまわり)持ち

 

多分、現在の日本の同年代で彼と同スペック以上の

30代男性を見つけ出す方が難しいと思いますw

 

ただ、逆に言えば昔(クレヨンしんちゃん連載開始時)は、

このスペックでも「平均以下」と見做されていたわけです。

 

しかし、今となっては野原ひろしのスペックは「勝ち組」に

見えてしまうところに、今の日本の衰退ぶりを感じますね。

 

そんな世の中なのだから、「年収1000万」なんて夢のまた夢。

 

死ぬほど努力して役員に上り詰めても、年収1000万弱がいいところ。

 

その代償として、家族との時間や、若さ、場合によっては人間性も犠牲にし、

他人を蹴落とすくらいの勢いで必死に努力してやっとそこまで行けるのが

今の日本の会社の悲しい現状でしょう。

 

ネットビジネスで月収100万超がいとも簡単に達成できる本当の理由

ただ、その一方で「新たな動き」も日本や世界中で生まれ始めました。

 

それが「ネット起業」というわけです。

 

ネット起業では、月収100万=年収1000万超えが数多く生まれています

 

世間では、定年まで必死で働いても年収1000万なんて

「絶対に不可能」な会社だって数多くあるはずなのに・・・

 

しかも、ネットビジネスである程度稼いでいる人達の

1割くらいは年収1000万を突破しているとも聞きますし、

その大半が20~30代の若い人ばかりというのも異常です。

 

アフィリエイト界で有名な小玉歩さん、だいぽんさん、

あるいは私の師匠や現在の私のような表に出ない人も含め、

20代で年収1000万を続出させているのが「事実」としてあるわけです。

 

しかも、それ以下の層、すなわち「個人が生活するレベル」として何ら問題ない

「年収数百万レベル」を働かずして稼ぎだしている人が大勢いるわけです。

 

一方では、サービス残業や休日出勤で死ぬような思いで働き続けて

ようやく生活できるレベルを稼げる大人が多くいるのに、

他方でほとんど労働らしい労働もせず「勝ち組」クラスの

年収を稼ぎだしている連中が存在している・・・

 

一体、何が起こっているのでしょうか?

 

「ネットビジネスはバブル状態だから」なのでしょうか?

 

確かに、その一面はひょっとしたらあるかも知れませんが、

私の意見ではそれ自体が「本質的な要因」ではないと思います。

 

「ネットで起業できるような人はみんな天才だからだ」というのも違います。

 

私はむしろ、子供時代から最下層にいて、落ちるところまで落ちこぼれた挙句、

ブラック企業に捕まって、音を上げて鬱になったという情けない経歴です。

 

「ダメ人間のお墨付き」のようなものまでもらってしまい、

そのままだと明らかに「貧困ルート一直線」確定だった人間です。

 

だいぽんさんなんて、親がパチンコ狂だった上に皿洗いのバイトで

細々と生計を立てておられたほど、どん底の状態でした。

 

私の師匠やそのほかの年収1000万アフィリエイターも、

「元美容師で体を壊して収入がなくなってしまった」とか、

「平凡な野球少年だった」とか、「リストラされてしまった」とか、

「普通」あるいは「普通以下」の過酷な環境にあった人ばかりです。

 

それでも皆、バックボーンや学歴に関係なくここまで上り詰めたのです。

 

そういうと必ず勘違いする人がいるのですが、

「ネットビジネスは現実ではありえない魔法みたいなこともできるんだ!」

と思ってしまった方は残念ながら「大外れ」ですし、非常に危険な考え方です。

 

詐欺オファーに引っかからないよう、そういう考えは今すぐ改めてください^^;

 

それはともかく・・・

 

突き詰めて考えれば、年齢や学歴に関係なくネットビジネスで

高収入を実現できてしまうのには「ちゃんとした理由」があります。

 

ファンタジーでもメルヘンでもなんでもありません。

 

それは決してバブルや超人的な才能や努力といった

「イレギュラー要因」によるものでは決してないですし、

「ネットビジネスはファンタジー世界のごとくなんでもあり」というのも違います。

 

今回は、そのことについて論じたいと思います。

 

ネットビジネスで「大金を稼げるのが当たり前」な「合理的理由」とは

手品でよく「タネも仕掛けもありません」なんて言ってるのを聞きますが、

実際は「多くの人が気付かないだけで実はタネも仕掛けもある」ものですよね?

 

同じく「ネットビジネス」もあくまで「ビジネス」の範疇を過ぎませんから、

「ビジネス的観点」で考えれば、ちゃんと「タネも仕掛けも」見えてきます。

 

ネットビジネスで背景も特別な材料もない一個人が大きなお金を稼げる要因はズバリ、

 

・最低限のコストと維持費で実践できる効率的なビジネスだから

 

・得た利益を「経営者」である個人が100%懐に入れられるから

 

突き詰めれば、ネットビジネスで最短・簡単に高収入が実現できる

根本的な「要因」というのは、実はこの2点しか考えられません。

 

では、これらについて説明していきますね。

 

要因1:ネットビジネス(特にアフィリエイト)は「コストがほぼかからない」から非常に収益性が高い

まずネットビジネス(特にアフィリエイト)は、

ほとんどコストがかかりません。

 

これが投資とか転売になるとそうも行きませんが、ブログや動画を利用した

「アフィリエイト」というネットビジネスには、ほぼ費用が掛かりません。

 

たとえば投資には「元手」が必要ですし、転売には「仕入れ資金」が要ります。

 

が、アフィリエイトの必要なのは、ネット環境と自分のサイトの

サーバー代やドメイン代などの「維持費・月額数千円以下」くらいです。

 

月額費用が掛からないということは、

すなわち「上げた利益を丸ごと総取り」できるわけです。

 

たとえば、あなたがある月100万円稼いだら、99万8千円は

「純利益」として丸々あなたの銀行口座に入れられるわけです。

 

が、リアルの会社はどうでしょうか?

 

施設整備費、人件費、業者委託費、水道光熱費、

固定資産取得にかかる費用、修繕費などなど・・・

 

総額を考えるだけで頭が痛くなるほどの出費です。

 

だから、例えば大企業で何十億円売り上げたところで、

同額以上の出費が「一般企業」には存在するわけです。

 

だから、ちょっと何かあるとすぐ大企業は何千万という

赤字を抱えるし、「非常に不安定」というわけですね。

 

自分でお店を開くタイプの「一般的な個人起業」もそうです。

 

たとえば、料亭を開くとして、設備や物品の管理費、

料理を作るための材料費、水道光熱費、場合によっては清掃費や

バイトさんへの賃金支払いなど、やはりかなりの出費があります。

 

特に、バイトさん・パートさんは一人雇うだけでも

5~10万は月に支払わなければなりませんから、

5~6人バイトを雇うだけで何十万という出費です。

 

そこまで苦労しても、結局お客さんが集まらず、

たとえ月の売り上げが50万あっても60万の出費があれば

結局赤字になって「利益が全然出ない」なんてことにもなるのです。

 

しかし、アフィリエイトのようなネットビジネスにかかる月々の費用は、

サーバーやドメインをしっかり用意したところでたかが2~3千円。

 

あとは、高額セミナーに参加したり(私は参加したことはないですが)

教材を買って知識を付けたりするのに何万、何十万程度の単発的な出費があるくらい。

 

何せ、アフィリエイトでやることは広告をタダで取得し、

それを自分の集客媒体に貼り付けておき、それがクリックされるか

商品の成約に繋がるかするだけでお金が稼げるわけです。

 

だから「商品の仕入れ費用」や、「人件費」も全く必要ないし、

ネット環境さえあれば問題なく実践できてしまうビジネスなのです。

 

なので、大きな利益を出せば出すほど費用が膨らむ・・・

なんてことも「アフィリエイト」のようなネットビジネスではありえません。

 

費用を極小にでき、なおかつ売り上げを増やしても費用は変わらず、

稼げば稼いだだけ丸々利益を「総取り」できるのですから、

これで「頑張った分だけ収益が出せない方が難しい」わけです。

 

なのでまず、ネットビジネスが大きく稼げる理由としては、

この「圧倒的コストパフォーマンス」が非常に大きいです。

 

要因2:ネットビジネスは「得た利益の分配」が不要の超単純ビジネスだから

また、これは先程ちらっと話した「人件費」とも関わってくるのですが、

ネットビジネスは「自分」対「お客さん」で完結できるビジネスなので、

自分のビジネスで得た利益を誰かに賃金として分配したり、お得意先の

業者や取引先に「流れていく」お金が一切ありません。

 

厳密には、ASPだとか企業だとか、利益構造自体はもうちょっと複雑なのですが、

少なくともそれで「私達アフィリエイター」が何かすることは「一切不要」です。

 

一方、たとえばある程度労働者を擁する小企業で年間「1億円」売り上げたとしましょう。

 

しかし、この「1億円」という利益は社長個人が丸ごと懐に納めてはいけません。

 

労働者に賃金として分配しなければならないし、

業者委託で清掃や食堂での調理などを請け負ってもらっている場合、

そのための「委託費」なんかも毎月のように発生してしまいます。

 

また、「下っ端労働者」がもらえる「分け前」なんかはもっとシビアです。

 

自分の努力によって会社の売り上げと総利益がいくら増えようが、

それと引き換えに会社からもらえる「報酬」なんて、せいぜい

月の収入に数万円プラス補正がかかるくらいのもんです。

 

会社に評価されない労働者なんて、実際にいくら会社が急成長していようが、

ほとんど賃金なんて上がりませんし、むしろリストラを喰らうかもしれません。

 

結果、「組織」に属していては「一人一人が得られる見返り」なんてたかが知れています。

 

が、本当に一人もバイトを雇わない「完全個人の料亭」などは、

売り上げをほぼ個人で好きなように使うことが出来てしまいますよね。

 

それと同じで、「個人が好きなようにお金を稼いで好きなように使う」

ことにおいて、ネットビジネスなどの個人起業は「純度が高い」ビジネスなのです。

 

労働組合や株主に頭が上がらないとか、起業の際に多大な借金をするとか、

そういう「不純物」が一切ないのがネットビジネスという個人起業の強みです。

 

もちろん、だからこそ個人起業は全てを自分一人でやらなければなりません。

 

とは言え、一番「難易度が高い」と言われるブログ集客型アフィリエイトを

やっている私ですら、リアルビジネスの何百分の一の労力も使っていませんし、

お問い合わせがあるので「そこで丁寧かつ詳細に対応する」くらいで、

「煩わしい人間関係」もネットビジネスにはほぼありません。

 

話が逸れましたが、ネットビジネスでは

稼げば稼いだ分だけ「自分のもの」にできてしまう上、

関わる人も少なく、肉体的・精神的負担も小さいです。

 

だから一切バイトや外注を雇わずとも「自分で運営するサイトを1個増やす」

くらいの労力だけで、簡単に「利益が倍」になってしまったりもするわけです。

 

以上、ネットビジネスは

「費用がほぼかからないし」「売り上げを丸ごと自分のものにできる」という

「個人がお金を稼ぐことにおいて究極に単純化された個人ビジネス」なのです。

 

「ネットビジネスで年収1000万超がいとも簡単に達成できる本当の理由」おわりに

いかがだったでしょうか?

 

今回、ネットビジネスで年収1000万プレイヤーが

続出する理由を語った理由は、大きく分けて二つあります。

 

まず一つは、

・ネットビジネスは「詐欺やインチキで稼いでいるから稼げる」わけじゃない

ということです。

 

無論、与沢翼のように「大した内容のない、スカスカな高額塾」を

釣り合わない高額で売りつけて稼ぐような連中もいないことはありません。

 

が、本質的にはネットビジネスは「費用」「利益の流れ」を極力単純化し、

余計なものを一切廃したビジネスだからこそ利益を出しやすいわけです。

 

与沢翼さんや小玉歩さんのような「高額塾ビジネス」は、そもそも「ネットビジネス」と

言えるかどうかすら非常に怪しいものですし、高額塾開催には相当なコストがかかるので、

私がこれまで述べてきたような「単純化されたネットビジネス」とは似て非なるものです。

 

ネットビジネスは、個人ビジネスとして最大限に純化された構造だからこそ

個人が大きく稼ぐことが出来るだけで、そこにインチキは何もありません。

 

また、もう一つお伝えしたかったことが、

・ネットビジネスはファンタジーでもメルヘンでもない「正当ビジネス」である

ということです。

 

ネットビジネスは、「ビジネスとして」合理的な理論があり、

それを押さえて実践しているからこそ「大きく稼げる」のであって、

魔法のように「何もせずお金がジャブジャブ湧いてくる」ものではありません。

 

でも、これを本当にわかっている人は一体どれだけいるでしょうか?

 

本当に理解していたら「あなたに毎月10万円ずつ配ります」とか、

「あなたは毎月数十万の権利収入が何もせず得られます」なんて

怪しい話に引っかかるわけがないし、相手にもしないはずです。

 

多くの人たちは、まずここを勘違いしています。

⇒ネットビジネスは「楽」だけどその意味をはき違えると死ねる

 

「なんかよくわからないけど、ネットだと楽に大金を稼げるらしい」

くらいの適当な認識しか持っていない人が、ネットビジネスをまるで

「ファンタジーやメルヘンのようなもの」と勘違いしているわけです。

 

でも実際は「そうではない」ことを、

この記事でずっと主張してきたわけです。

 

あくまで「ビジネス」として逸脱しない範囲で、

合理的な「タネや仕掛け」があるからこそ、

ネットビジネスで稼げる人がいるわけです。

 

要は、皆さんが持っている「ネットビジネス像」を、

いかに「現実」に近付けていくかが重要なわけですね。

 

ネットビジネスを「ビジネス」として認識し、それ相応の行動を起こした人は稼げるし、

ネットビジネスを「ファンタジー」として誤認する人は「何をやってもダメ」なわけです。

 

今回の記事では、この2点を押さえて

「現実」としての「ネットビジネス」を正しく認識してもらえばと思います。

 

関連記事:

⇒会社勤めがいかにお金を稼ぐ手段として非効率か解説してみた

もお読みください。

 

それを認識してくれさえすれば、皆さんは既に俗にいう「情報弱者」ではありません。

 

以下の講座も読んでいただき、ネットビジネスで稼ぐ「仕組み」を理解し、

是非皆さんも「現実的に1000万プレイヤー」を目指してみてはいかがでしょう?

⇒くろかさが実践する「アフィリエイト」基礎講座

 

また、すぐに実践的な知識を学びたい、

もしくは行動してみたい方はこちらの記事がおすすめです。

 

初心者向けアフィリエイト講座一覧

・RSSの仕組みで「完全自動化」を実現したアンテナサイト

・ブログアフィリエイト初心者の登竜門・トレンドアフィリエイト

・初心者向けなアダルトアフィリエイトの強み

・スキル不要!まとめサイトが初心者にも取り組みやすい理由

 

当ブログ厳選初心者向けアフィリエイト教材一覧

・当ブログ厳選! アフィリエイト初心者推奨商材一覧

 

質問、疑問等がありましたらご遠慮なくお問い合わせください!

⇒くろかさに連絡する

 

 

くろかさ公式メルマガ

 

このメルマガでは「PC一台」

「特にスキルや経験もない普通の新卒サラリーマン」が、

「わずか半年ほどで脱サラを達成し」

「金銭的・精神的・肉体的自由を手にした」

その過程と方法を赤裸々にぶっちゃけていこうと思います。

 

普段のブログでは言わない「エグイ」情報も、

このメルマガではどんどんぶっちゃけたいと思います。

 

本気で「賃金労働や不景気に翻弄されない生き方」を

手にしたいという方は「是非」登録することをおすすめします。

 

もちろん

「完全無料」

「いつでも解除可能」

「スパム行為はしない」

これらを守り、良質な情報を発信することを約束します。

 

「脱サラとかできるならしたいけど、自分には無理でしょ・・・」

「特別な才能を持った人間だけができることなんでしょ?」

そんな思い違いは、この無料メルマガで全部「一掃」します。

 

さらに「メルマガ読者限定」で、

「有料商材級」「濃い情報」を詰め込んだ

「スペシャル特典」をお渡しさせていただきたいと思います。

 

☆メルマガ特典紹介☆

全三巻PDFファイル

1巻(78ページ)

2巻(63ページ)

3巻(70ページ)

合計211ページ

【第1巻】「精神・金銭・肉体」すべての自由を手に入れたいあなたへ

・私は「何を」して自由になったのか?

・自由になるための戦略の全体像

・あなたは「いくら」稼ぐ必要があるのか

・金銭的リスクなくお金を稼ぐ方法とは。

・「やっても稼げない9割の人」が誤解していること

 

【第2巻】絶句必至!?お金儲け情報の「怖い裏事情」を徹底暴露

・生きることは「情報戦」

・「情報弱者」と「デマ」

・稼ぐ「本質」に近付く「第一歩」とは

・情報弱者から搾取するネットのオファーの「驚愕の手口」

・ビジネス勧誘で使われる「甘い言葉」と「現実」のギャップ

・お金儲け系詐欺の実態

・雑談:搾取の仕組みと脱出方法

 

【第3巻】ライバルを精神・知識で抜き去る必勝マインド&設計図伝授

・私が個人でお金を稼ぐ方法論とは

・あなたも今すぐ取り組める?ネットを使ったお金儲けの実践モデル

・マインド編:「稼げる人」になるために心得て欲しいこと

・上手くいかない人が100%勘違いしていること

 

以上を読んでいただき、

「自由を手にするための方法」

「自由になるためにあなたが考えるべきこと」

徹底的に学んでみてください。

 

それでは、ご登録をお待ちしております。

*メールアドレス
お名前(ニックネーム可任意)

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ